FC2ブログ

新製品「フラー化粧水」です!

20200607_01.jpg
今回は、なんとasc at homeから満を持して新発売の「フラー化粧水」です。数年かけてやっとできた、以前の「APPS+E美容液」の進化版です。

asc at homeの人気商品「フラー美容液」でご存じの強力な抗酸化力(老化予防の抗酸化)をもつ「フラーレン」に加え、浸透性が高く刺激が少ない次世代型ビタミンC「APPS」、高浸透型ビタミンE誘導体「TPNa」、さらにヒアルロン酸・コラーゲン産生を促す「プロテオグリカン」を配合しました。

塗り心地は、サッパリしていますが、かなり潤いが続きます。赤池母もエンビロンと組み合わせて「いいわこれ!」と絶賛です。

↓スタッフがInstagramでも紹介しています。
この投稿をInstagramで見る

\おうちでアカイケ👩‍⚕️💓/ ネットで始める#ドクターズコスメ 🤭今だけお得‼️10%オフ🤭 * 先日ご紹介した「フラー化粧水」が登場し 初心者向けドクターズコスメシリーズが完成しました👏👏 18年間、世界のドクターズコスメを 使いこなしたアカイケが作ったオリジナルコスメです🌱 * 毎日かかせないスキンケア、 せっかくなら効果のあるものにしたいですよね😌✨ * 『超美白トライアルセット』 ❤️フラー化粧水 ❤️フラー美容液 ノーベル賞受賞成分「フラーレン」配合 抗酸化作用はビタミンCの172倍 美白(シミ、くすみの抑制)だけでなく 毛穴の引き締めも◎ * なんと、今だけ10%オフ❣️ 19,800円⇨17,820円 急げー🛒🏃‍♀️ * 👇詳しくはこちらから アカイケドクターズコスメ♡ネットショップ 「 メディカルasc by 赤池クリニック」 プロフィール欄のURLからご覧ください🌼 * #apps #フラーレン #徳島エステ #徳島美容 #徳島脱毛 #徳島ヒゲ脱毛 #徳島育毛 #aga徳島 #徳島メンズエステ #徳島ダイエット #徳島シミ #徳島エンビロン #徳島エンビロンエステ #徳島オバジ #ゼオスキンヘルス #エンビロン #ジェーンアイルデール #アカイケドクターズコスメ #赤池ドクターズコスメ #徳島 #徳島赤池 #徳島イオン赤池 #赤池クリニック #ascイオンモール徳島店 #ascclement #ascwest #mensasc #ascsix #アカイケネットショップ

ascイオンモール徳島店・アカイケネットショップ🛒(@asc_aeon)がシェアした投稿 -




20200607_02.jpg
これで、asc at homeもフルラインそろいました。ドクターズコスメ初心者の方など是非使っていただきたいです。

もちろん、クリニックやサロンに来ていただいて、海外のエンビロンやオバジZO(ゼオスキンヘルス)も使っていただきたいですが、なかなか行けないと言われまして。

20200607_03.jpg
診察で初診の方をみていると、熱心にスキンケアされている方ほど、マイクロスコープで肌を見ると「皮溝がすり切れて、ふっくらとしていない。キメがない」みたいです。

「毎日ちゃんと化粧を落とさないとシミになる」と思う方に、くすみがでます。クレンジングや洗顔が念入りで、洗いすぎ・こすりすぎで大事な自分の保湿成分をなくしてしまい、保湿しか効果がない化粧品を何種類も重ねて、またすりこみ、物理的刺激を与えてしまう。肌のバリア層も壊れてしまいます。

まずは 「洗いすぎない」「塗りすぎない」からはじめましょう!

「しっかりとお手入れをしているのに、肌が乾燥する」「ちゃんとスキンケアしているのに、なんかくすんでいるような」「乾燥してるところがあるのに、皮脂が多くて化粧ののりが悪い」・・・。

フラー化粧水は、そんな方に「とりあえずは、洗顔とこれ1本でもOK!」と思って作りました。

ネットショップに分かり易く、「迷ったらこれからスタート!」「症状により、ちょい足しセット」作りました。

ネットではじめるドクターズコスメはこちらから>>

ドクターズコスメなんて、聞きに行くのがめんどくさいと思う方は、アカイケドクターズコスメ♥ネットショップから。
ちょっと興味有るなと思う方は、サロンやイオン店で気軽にお試しできます。

アカイケドクターズコスメ♥ネットショップはこちら>>

蓄熱式最新レーザー脱毛で、早く脱毛完了\(^O^)/

20200530_01.jpg
この季節、脱毛の患者さんが増えてきましたが、今フル回転は蓄熱式のソプラノアイスとソプラノアイスプラチナム、そして接触型冷却型ライトシェア3台です。

最近は、ソプラノアイスシリーズが人気です。人気の理由は「蓄熱式なので早く脱毛完了できる!」ということみたいです。もちろん完璧に。痛みも少なく、日焼けもOK。照射時間も短いです。

下の症例写真は、ソプラノアイスを1回照射から1カ月後を比較した写真です。右足のみ照射して、照射しなかった左足と比べてみましたが、1回の照射でも効果がでています。
20200530_02.jpg

「脱毛器は世界的に

20200530_03.jpg
と、進化してきました。

ソプラノアイスプラチナムはアレキサンドライト(黒い色に強く反応)、ダイオード(幅広い毛質に対応)、ヤグ(肌の深い部分にも届く)の3つの波長のレーザーが同時に出るので、肌の負担が少なく毛質や肌質を問わず完璧に早く脱毛できます。

20200530_04.jpg
また、いろいろレーザーがあるので、ソプラノで早くした後、ライトシェアで最後に仕上げたりして、その人に合わせてすることが出来ます。先日の話ではないですが、2種類ともイスラエルの会社が開発したレーザーです。イスラエルは美容医療機器のメッカですね。


昨日(5月29日)の話題はブルーインパルスでしたね。動画で見ましたが、良かったです‼️
以前ascのセミナーにも来ていただいた、東京 クロスクリニック石川先生のインスタで見ましたが、清々しかったです。コロナに負けず、今こそみんなで頑張ろうと前向きな気持ちが伝わり、元気が出ました!

↓下は石川先生のインスタを貼り付けさせていただきました。

サンスクリーン新製品です〜

20200527_01.jpg
私は今、施術はVIVAが圧倒的な人気で、私はVIVA(フラクショナルRF)ばかりしています。

20200527_02.jpg
さて、商品の新製品が多いのですが、私が「おっ!これは」と思ったのが、この「サンベター」の日焼け止めです。

20200527_03.jpg
スティック状のサンスクリーン スティック SPF50+PA+++と、

20200527_04.jpg
コンパクトタイプのサンスクリーン コンパクト SPF50+PA+++です。

UVA・UVB・IR・ブルーライト・酸化によるリスクから保護する広域スペクトルのミネラルサンスクリーンです。サンベターは米国皮膚がん財団推奨製品にも選ばれています。
スティック状というのも、100%ミネラルというのも魅力ですね☺️。

YouTubeでスタッフが紹介しています。


20200527_05b.jpg
私は、患者さんに日焼け止めはいつも日常使いとレジャー用を分けるように話しています。日常使いは肌に負担のかからないものを、レジャーではSPFが髙くウオータープルーフのものをと。

20200527_06.jpg
私は、毎日はさらっとしたasc at homeのUVクリームか、

20200527_07.jpg
ZOのサンスクリーンプラスプライマーです。

20200527_08.jpg
そして、紫外線が増えてくる春ころに1年に1本、ボディ用にBSサンスクリーンSPF50をおろします。とても大きいので、「まああいいか」と怠けて、手とか塗らずに使わないと1年以上残ってよくないので、頑張って使います。

手はだいたい60代前半くらいから手のシミが気になるからというシミ治療が増えてきます。やはり、0歳からの積み重ねなので、手や,首の後ろとか特に気をつけましょう。また、私のダンスのアヤ先生が言ってましたが、お顔は綺麗でも、耳が老けていると目立つそうです。特に耳の上部が、シワシワでハリがなくなると老けて見えると😱
耳にも日焼け止めや、スキンケアを!ですね。

20200527_09.jpg
さて、昨年は、新製品で試したのがアルトラサンのボディグリマーでした。キラキラと上品な輝きがふとしたときに、夏に腕とかが輝いて「きれい〜!!何つけてるの?」とよく聞かれました。

20200527_10.jpg
そして、絶対に必要なのが、ジェーン・アイルデールのパウダー・ミー❣️(初めは色なしだけでしたが、今は3色有ります。私は、色なしです)
20200527_11.jpg

私は、朝起きて顔も洗わずこれをポンポンします。
出勤ギリギリまで、パワープレートしたり、仕事したりするので、とりあえずこれだけ。そして、出かける前にガー!と顔洗ってスキンケア、メイクです。

めちゃくちゃ短時間です。

そして、夏は昼間外出するときは、メイクの上からポンポン。スタッフの伝説エピソードがありまして「夏の甲子園の応援に行き、1回の表裏毎にポンポンしたら、赤くもならなかった」と本人から聞きました。

さて、どれをどう変えていくか、スキンベターのコツをつかまなくては😄

ネットショップで取り扱っている日焼け止めを、スタッフがYouTubeでまとめてます。使った感じなどの参考に見てみてください。


ネットショップの日焼け止めページはこちら


「世界から奇妙な日本のコロナ対策成功」と称賛されている今日この頃。
罰則もなくお願いだけで、真面目にここまで減少させた日本人は、よく頑張りましたよね。

もともと清潔で手洗い、入浴などの習慣もありますが、国民全員が医療を受けられる医療保険制度も良かったみたいです。

さて、今後に備えて、症状がでたら、すぐ検査できて、早期治療の受けられるよう準備をしなくては。
なんでも、非難ばかりせず、力を合わせてやって欲しいですね。

まつ毛美容液 リバイタラッシュ!!

おこもり美容、エクステなんていらないわ\(^O^)/ 
リバイタラッシュ!!


20200522_01.jpg
2月頃に、レーザーに来られた患者さんの話です(こちらの患者さんはサロンでのトリートメントが中心でしたので、レーザーは久しぶりでした)。

「さあ、レーザー当てましょうか」の時に、
「なっ、ななななんで?」エクステの方より、つけまつげの方よりも、きれいな長い睫毛!!もちろん自然です。

スタッフと2人で思わず「○○さん、グラッシュビスタですか?」と仕事を忘れて訊いてしまいました。

「グラッシュビスタのあと、サロンで買ったリバイタラッシュを使っていて、交互でしています」とのこと。
注)グラッシュビスタは、お薬なのでクリニックのみです。リバイタラッシュは、サロンでもイオン店でも販売しています。

「素敵ですね~」と私がうっとりしていると、スタッフは感動のあまり「なんというか、あの、その、、、、色気がありますね!!」

(う~ん、セクハラおじさんか!)思わず「エキゾティックな感じですね」とフォローしました。

ほんと、中東の美女みたいでした。

私も早速その日からリバイタラッシュをはじめました。1日1回ですが、朝晩で塗ってみました。

コロナで憂鬱な日々、2週間くらいで、毎日毎日伸びていくのがわかって唯一の楽しみでした。

今は1日1回ですが、最近気が付いたことが!
私の睫毛は下に向いて生えていたのですが、少しずつ上にカールしたのがあるのです!!毛がしっかりして、外人みたいに上にくるんとなったりします。

下の写真は、スタッフの症例です。

20200522_02.jpg

20200522_04.jpg

スタッフが動画も作ってますので、見てみてください。


大昔、実は赤池クリニックが徳島県で一番最初にエクステをはじめました(関東のエステの先生が研修してくれました)。美容師免許が必要云々よりずっと以前です。技術習得の難しさと、「やはりどんなに気をつけてもアレルギーの人がいるなあ~」と、すぐに数ヶ月で止めました。その後、眼科で、エクステと安いカラーコンタクトによる角膜損傷が問題となりやめて良かったと思いました。

その後グラッシュビスタ(もともとは緑内障の目薬で睫毛が伸びる)がでてきて、いまではリバイタラッシュ。

睫毛の美容液って、20年くらい前からありましたが、全然効果がなかったのですが、リバイタラッシュは効くので本当にコロナの日々の私の楽しみです。
是非お試し下さい。

20200522_05.jpg
ついでに、髪の毛もミノキシジル3%より、ボリュームアップ フォーム(リバイタラッシュと同じ会社)に変えちゃいました。

リバイタラッシュの詳細とお求めはネットショップで>>

おこもり美容の決定版は、これです!!ニューアァァァァ~~~!!

もうおこもりでないかな~?と思いながらも書き出すと色々あって面白いです。

20200519_01.jpg
NEWAリフトは医療機関用のレーザー治療のメーカーが作った、家庭用美顔器です。たるみ、肌の引き締め用です。


NEWAは、イスラエルで開発されました。「イスラエルで?」と思われるかもしれませんが、あのフォトフェイシャルも実はイスラエルで開発されたのです。
戦闘機の色を塗り直すのに費用がかかるというので、光で戦闘機の塗装を剥がすという発想から出来たのがフォトフェイシャルです。というわけで、軍事産業から、イスラエルは、先進美容医療機器のメッカとなのです。

NEWAもDFモバイイルと同様のこの機会に増えてきました。


20200519_02.jpg
そこで、おこもり美容、ここまでやると最高!が、ロールキット+DFモバイル+NEWAリフトです。理論的に言うと、おうちでビタミンAと抗酸化物質(ビタミンCやE)、ペプチドを小さな孔をあけて(1分~10分)さらに電気の力で肌の奥まで入れていき(10~15分)、ひきしめのRF波をあてる(1エリア4分、最大12分)。もちろん、イオンザイム(サロンやクリニックにある導入器)とDFモバイルは効果は大きく違います、クリニックのサーマクールレーザーととNEWAは違います。しかし、コツコツやっていると大きな助けとなります。

20200519_03.jpg
この方は、もちろん通院されてイオンザイムによるトリートメントはされていますが、毎日の3つのお手入れが素晴らしい方です。年々若返っておられます。

20200519_04.jpg
ところで、今の話題はPCR検査ですね。実際以前知り合いの先生からも「保健所への電話に2時間くらいかかって、色々あってやっとしてもらえた」という話を聞きました(基準が変わる前の話です。やはり、その患者さんが、37.4度だから、3日間だからダメとか言う話でした。)でも、陰性で良かったです。

確かに、医師が必要と判断しても出来ない状態が続いていましたね。こんな田舎で数が少ないのに。。。。

出来ない理由を、「検査する側の医療従事者に感染のリスクが高い、防護服やマスクがない」「試薬がたらない」「技術を持った人が少なく、訓練する時間が必要」と聞かされてきたからそうかと思ってたら、最近「各大学にあるPCRの検査の器械で大学関係者で検査できます」「一般クリニックが、普通に頼んでいる民間の検査会社を使えばもっとできる」と知り驚いていたら、技術の要らない全自動PCR検査システムが会社はフランス(PSS社)だが千葉で作っていて、世界にどんどん販売して、フランスやイタリアでどんどん使われて、駐日フランス大使より、お礼が届きましたが、「日本では承認されていないから使ってない」と聞いてひっくりこけてしまいました。

なんだかな~ 色々事情があるんですかねえ。
しかし、抗原キットとかもできてきているので、検査もなんとかすぐできるようになりますよね!