FC2ブログ

顔の筋肉は鍛えるべきなの?微笑みのパワープレート

20200313_01.jpg
私はいつも患者さんに「シミは簡単、一番難しいのがたるみ。シミは近道がいっぱいあるが、たるみ治療はすればしただけの効果が出る感じ」と説明しています。

20200313_02.jpg
そこで、今回はたるみに関係ある筋肉の話です。顔の筋肉、表情筋は、非常に薄い筋です。

手術をする形成外科の先生から、「顔のマッサージはしない方が良い。すごく繊細だからよけいたるみますよ。」と言われて、もともとナマケモノの私はホッとしたことがあります。さらに、くすみのシミ肝斑の治療で「絶対にこすらない、さわない。洗いすぎもダメ。日本人は洗顔信仰があり、化粧が残ると思う人に肝斑が出来てますよ」と聞き、肝斑治療に取り入れていますが、確かに顔に刺激をあたえないだけで、肝斑も大人のニキビも非常に良くなります。

しかし、年とともに表情筋の動きが悪くなり、筋膜の癒着も重なって、たるみに関係するとは思います。鍛えるというか、年とともに動かさなくなるので、訓練がいると思います。

よくある、エステの表情筋を鍛えるとか、顔ヨガが良いかどうかはわかりませんが、「接客」と「ダンス」で筋肉の力は実感しています。

20200313_03.jpg
接客をしている方は、いつもほほえみ、話しをして、筋肉を動かすので、高年齢でも頬の位置が高く、口角がしっかり上がってアゴのラインが綺麗です。

20200313_04.jpg
また、フラダンスの患者さんが10年以上たってもたるまないのです。いつも「こんにちはぁ~!先生」と笑いながら診察に入ってこられます。とうとう「なんで、○○さんは、たるみがないの?アゴがシュッとしてるよね」と言ったところ、「そんなことないわよ。じゃあ、ちょとね」と口角をおろしてくれたら、なるほど。。。

しかし、普通の人は、口角があがらない、そこまでほお骨が高くならないと思いました。フラダンスは、笑えないと叱られるそうです。

そして、社交ダンスの先生です。
競技会とかでみると、微笑むべき踊り、ワルツ、クイック、サンバ色々ありますが、口を横に開けているだけの先生も。「笑ってない!!」
20代前半の先生は、華が咲き誇るように笑いが、、、。
これは「私、可愛いでしょう~!みなさん、私を見てちょうだい!」のお年頃だなと思いました。若いときは、箸が転んでも笑えますからね。

さて、私の社交ダンスの女先生は「訓練よ!」と、「口角だけが上がるのではない、ほお骨が高くなる変な顔の運動」を教えてくださいました。
その先生は50代ですが、デモンストレーションの時の動画をみると、ルンバのはじめ「にっこり~」さすが!どこまで微笑むのか?口角が耳まで行きそうな勢いでした。「訓練なんですねえ。」

私も、右の口角が上がりにくいみたいです。
そこで、筋膜の癒着をとるパワープレートの技と組み合わせてました。

20200313_05.jpg

20200313_06.jpg
どうぞみなさん、パワープレートで、顔のパワープレート希望とおっしゃって下さいね。
もちろん、自宅用パーソナルパワープレートでもできます。

みなさん、花ざかりですよー(^^)

20200308_1.jpg
武漢で新型肺炎を真っ先に報告した李医師が12月30日に同級生に向けて、気をつけてと発信し2月7日にご自分も診療にあたりながら感染し亡くなりました。
私が記事を読んだときは、まだ治療中で、亡くなった時はショックを受けました。
本当に、何ごとも各国が、あの時こうしていたら防げたのにの繰り返しの現状ですが。。。
今は、みんなで力を合わせ、この危機を乗り越えようという意気込みがいりますね!

特に年配者は、免疫力が落ちないよう、運動、睡眠、栄養はもちろんですが、不安で鬱々としてはいけないと思います。

友達が集まると、(だいたい私の友人は60〜70歳が多いですが)「ちょっとー!ニュースで、60歳以上の高齢者は…って言ったわよ!あれはあかんわ」から始まり、「そう言えば、昔は新聞は60歳以上は老女と書くように決まってて、親戚の小母が交通事故にあったとき、60代で老女と書かれて、徳島新聞に怒って電話かけたわよ。それからは新聞も老女と書いてないらしいわ。」

こんなんで、笑いたいですー!

今、60歳以上老女だと袋叩きですね。
85歳の親戚の小母は「60代は、ゴールデンエイジよ!」とその時みんなに、強く言ってました。

一言を読んでくださるみなさまは、まだまだお若い方ばかりと思います!

まだまだ花ざかりですよー(^ ^)

18周年記念(^^)

20200304_01.jpg
朝仕事に行ったら、原田マネージャーから「おめでとうございます!」

何が?
「先生、3月3日、ascが18周年ですよ!」と

忘れてました!
結婚記念日から、自分の誕生日まで、この2~30年、その日に言われて気がつくことの連続です。

みなさまのおかげで、あっという間の18年でした。ありがとうございます。

20200304_02.jpg
ascは、最初にasc westだけ、内科の駐車場に建てました。west店のオープンが2002年の3月3日です。

という事で、west店は18周年記念プレゼントがあります。(湯藤店長が、企画してくれてました)
ラインでお知らせがあるみたいです。

これからも、田舎のサロンですが、よろしくお願いします(*^▽^*)
ほのぼの系のスタッフのサロンです!

シミだけど、普通のシミでないもの、炎症後の色素沈着


みなさん、お元気ですか?

さて、シミを取りたいと言ってこられる患者さんは、だいたいこの4つです。

20200302_01.jpg
老人性色素斑(みんなにできてくる「普通のシミ」、紫外線による光老化のシミです)、そばかす、肝斑(くすみのシミ)、ADM(シミでなく実は、青アザのシミ)です。シミの種類によって治療法を変えていきます。
その他にも、擦り傷やヤケドのあとなどの炎症後の色素沈着がありますが、ビタミンAでよく取れます。


この方は、昨年、炎症後色素沈着でひどく悩まれてクリニックに飛び込んでこられました。
20200302_02.jpg
エステのフォトのような機械で、ヤケドになったそうです。

炎症後色素沈着には、ビタミンAが良く効くので、ビタミンA中心のホームケアと塗り薬であるオバジZO(ゼオスキンヘルス)、ビタミンAとCのトリートメント(イオン・超音波導入)できれいに色素沈着とれました。

さらに、顔全体も透明感がある若々しい肌になって、集中治療が終わった診察で「顔全体綺麗になったねー!」
「ピンチはチャンスですねー!」と、患者さんと喜びました。

毎日が大切、スキンケアと同じですね。

20200228_02.jpg
天気がよいのに、心が晴れないですね。

クリニック、各店毎日換気して、ドアノブ・机など消毒を行っています。
20200228_01.jpg

実は、人混みはダメと思って県外の出張3回もキャンセルし、サンクスパーティーも悩みながらも延期にしていました。

20200228_03.jpg

早くサンクスパーティーも開催出来て、ゲストのラテンダンスが観たいです。
今は出来ることをキチンとしていこうとスタッフと話しています。