FC2ブログ

メディカルロールキットもはじめました

メディカルロールキットもはじめました(^^)
一昨年1クールしましたが、2クールめにトライです。

20190912_01.jpg
まずは、麻酔のクリーム塗ってます。

20190912_02.jpg
これが、針が3mmのハンコみたいなサージカルフォーカスキットです。

20190912_03.jpg
ローラーのは、針は1mmです。

20190912_04.jpg
サクサク、コロコロして、穴をあけたら、乳酸のピーリングマスクを塗り、洗顔。

20190912_05_2.jpg
赤みはこれくらい。直後は赤みがありますが、2日程度で引きます。翌日からジェーンのファンデーションが使えますので、赤みも気にならないです。

痛みは、3mmはちょっと痛いかな?くらいですが、とにかく自分でできるくらいで、大した事ないです。

20190912_06.jpg
そしてビタミンAとCのイオン導入です。一週間に1回、5回が1クールです。

メディカルロールキットは最強のビタミンA治療です。

してる最中に“パーン”とハリがでますが、それは腫れがあるかも。本当の効果は終わってから、ジワジワとコラーゲンやエラスチンができて数ヶ月、数年効果は続きます。

フラクショナルレーザーと同じですね。
特にニキビ痕の方はわかりやすく「先生の言われたとおり、直後より半年、さらに年々凹みの底が上がってきて良くなる!」と言われます。

ロールキット(ニードリング)再開します!

20190908_01.jpg
しばらくZOスキンヘルスでビタミンAの薬のテストをしていたので、ロールキットをストップしていましたが、本日より再開です。はい、ロールキットで、孔(あな)をあけたあとは、エンビロン製品しか使えません。

20190908_02.jpg
ロールキット(ニードリング)は、エンビロンの開発者ドクターフェルナンデスが、発明し研究しています。

特別に、美白のZOスキンヘルス(オバジZO)のミラミンや、ブライタライブ、あるいはハリによいZOのグロスファクターセラムや、レビジョンのビタミンC30%を塗りたいときは、朝だけ使います。

20190908_03.jpg
ロールキットも、回数沢山すると孔が沢山あいて、ビタミンAの量が多く入るので、まずはタテヨコナナメの1回から再開しました。上のイラストのように、肌の上でローラーを転がします。

ロールキットの効果の高さは、
1)回数(タテヨコナナメを何回か、時間で計るときもあります、5分とか)、
2)頻度(毎日か、週に何日か)
3)針の長さ(家庭用は、全く痛みもなく、当たっているだけしか感じない0.1mmです。クリニックで行うのは、メディカルロールキット。麻酔のクリームを塗って行いますが、針の長さは1mmと3mmです。)
4)孔(あな)をあけたあと塗るものあるいは、イオン導入超音波導入で入れるビタミンAの濃度

・・・できまります。

20190908_04.jpg
上の写真の左側が家庭用のコスメティックロールキット、右側がクリニックで行うメディカルロールキットです。


20190908_05.jpg
レーザー治療とロールキットの組み合わせで、頬のニキビ痕が改善した方です

20190908_06.jpg
こちらは70代の女性の顎のたるみ・シワが、ロールキットとレーザー治療の組み合わせで改善した症例です。
さて、これからまじめにやっていきます。患者さんは、すでにロールキットとDFモバイル(自宅での導入器)両方使かって、肌が素晴らしく蘇った方が数人おられます。
気が散ってナマケモノの私には、まじめな患者さんが目標ですσ(^^)

スタジオアプローズ7周年記念パーティー

20190902_02.jpg
先日、私が社交ダンスを習っている教室の7周年記念パーティーがありました。生徒さんの発表会と、プロのデモンストレーションです。

20190902_01.jpg
私はまた、パソ・ドブレです!

20190902_04.jpg
7周年と聞いて…「私は10年も習っているか、、。」
まあ、「年々成長はある!」ですよね♪(v^_^)v

20190902_03.jpg
宝塚歌劇のオーケストラバンドの演奏もあり豪華でした。

20190902_05.jpg
先生のご挨拶。
今回、ソロデモされた生徒さんと、20人の生徒さんと踊った新野先生。20曲もの振り付けを覚えるのも、先生は当たり前なんですね。

とにかく、みなさん、お疲れ様でした!

20190902_07.jpg
圧巻は、うちの教室のトリを踊ったNさん。80代ですが、綺麗なきれいなスローフォックストロットでした。白の衣装も、キラキラと輝いてました。

20190902_08.jpg
私の家族、友達兼生徒さん来てくれてましたが、やはり同じ80代の赤池母と小母たちが、「Nさん素晴らしい~!綺麗に踊ってるわ!」と絶賛してました。あこがれなんですね。

赤池母と小母でも、私には充分すごいスーパー80代です。あんなに元気におれるだろうか?いやいやとにかく毎日頑張ろう!です。

仕事とダンスで、元気にいきたいです!

20190902_06.jpg
うちの主人はチャチャを堂谷悦子先生と、タンゴを田中真理子先生と2曲も踊りました。すごく沢山の方から「すごく上手になられてビックリしました」とか、褒められたり、声かけられたりて、上機嫌でしたわ~(o^^o)

さらに、ビタミンAの塗り薬を追加すると

20190828_01.jpg
前回のブログでは、ZOスキンヘルス(オバジZO)の化粧品(ホームケアのみ)を使ったニキビ改善の写真でしたが、ビタミンAの塗り薬と、サロンでの月1~2回のビタミンAとCのイオン導入を追加すると、このようなたくさんのニキビの方も10ヶ月後にかなりニキビがよくなっています。

20190828_02.jpg
こちらがサロンでのイオン導入です。皮膚細胞のダメージを修復し、正常化することで、健康な皮膚をつくります。

そして、ニキビ治療も「ビタミンA」ですが、ニキビ痕の赤みと色素沈着の治療も「ビタミンA」なので、それもよくなっています。

よく患者さんが「ニキビ痕が治らないんです」と言われますが、一つひとつのニキビの痕はきれいに治っているのですが、次々に新しいニキビができるとニキビ痕が治らないと思ってしまうのです。

新しいニキビを作らない⇒ニキビ痕を治す

で、キレイになっていきます。

ニキビ痕の凹みは、フラクショナルレーザーや、メディカルロールキット(クリニックで行う長い針のローラーによるニードリング治療)が必要です。

20190828_03.jpg
こちらがメディカルロールキット。

20190828_04.jpg
メディカルロールキットとフラクショナルレーザーを併用した方ですが、深いニキビ痕の方でも、5カ月くらいで改善し、続けることでさらにキレイな肌になっていきます。

ZOスキンヘルスのニキビ治療

4月にDr.オバジのZO Academyに参加したときに、少し気になることがあって、スタッフモニターで試してみました。

クリニックに来られるニキビ治療の患者さんの中には、脂性肌というより、普通肌、乾燥肌、アトピックスキンの方も多く、むしろ乾燥しないように、洗顔は物理的刺激にならないようにしてもらっています。そのため、ZOスキンヘルスでのビタミンA治療のときも、asc独自の洗顔を使っていました。
しかしZO Academyでの研修の中に、ニキビ治療法のプロトコールがあったので、新しく入ったスタッフで試してみました。脂性肌でニキビがあるスタッフです。

20190824-1.jpg
こちらが症例写真です。2カ月でニキビがかなり減り、肌がキレイになっています。

20190824-2.jpg
洗顔剤はいつも私が処方するのより、洗浄力がやや強いジェントルクレンザーです。エクスフォリエーティングポリッシュは角質ケアです。週に何回か使いました。球体の形をした超微粒子マグネシウムクリスタルで、肌を傷つけずに、角質ケアをします。

20190824-3.jpg
そして、バランサトーナー(あとから塗るものの浸透を良くする化粧水)、デイリーパワーディフェンス(優しく肌を整えるビタミンA配合)、Wテクスチャーリペア(これに強いビタミンAが入っています)を使いました。

ビタミンAの反応も彼女はあまり起こらなかったそうです。ディフェリンとか、トレチノインなどの薬を使わない、いわゆる化粧品によるニキビ治療です。