FC2ブログ

骨盤はビストロポジションを心がける~骨盤ダイエット~

2012_0402_01.jpg
前回(「肩甲骨ダイエット」はこちらから>>)ご紹介した『誰でも美しくなれる10の法則』の中で著者のティムが骨盤の位置で関してもっとも良いアドヴァイスと書いているのは、ジャネット・レイン著の「Your Carriage,Madam!(物腰にはご注意を、マダム!)」という1934年に出版された本です。
2012_0402_02.jpg
ビストロとは、フランスの気軽なレストランでしょうか。
この本の中で「骨盤を正しい位置に保つためには、混雑したレストランでテーブルとテーブルの間をすり抜ける時を想像しなさい」と書かれているそうです。テーブル同士の隙間が狭いので、自然に下半身を引き締めて、おへそをぐっと引っ込めている、これが骨盤の正しい位置。ピラティスの先生の言うところの「スクープ」のポジションですね。ダンスの先生の言うところの「上に上に引き上げて、お腹を薄く、しかも腰の後ろを伸ばして」という状態です。
これで骨盤を引き締めて、お腹を平らにして、インナーマッスルも鍛えられます。骨盤ダイエットですね。

もちろん、このポーズを私が大好きなパワープレートの上でしてみると更に効果抜群です!
2012_0402_04.jpg
パワープレートは、上下・左右・前後の3方向振動で加速度を発生させ、重力加速度最高6Gのなかで運動するのに匹敵するトレーニングが短時間に効果的に出来ます。本物の振動加速度トレーニングマシンはパワープレートだけで、よくあるそれ以外の振動マシンはだいたい1~2次元の振動だけなので、加速度を発生させません。(ブルブルするだけ)
マドンナやクリントイーストウッドが自宅で行っているトレーニングを、ascの3つのサロンで受けられます。

パワープレートの詳細はこちら>>