FC2ブログ

正しいケアで、髪のトラブルを防ぎましょう

髪も乾燥する今日この頃ですね。今回は、キューティクルを保ち美しい髪を作るコツのお話しです。

【髪を乾かすときのポイント】
髪を乾かすときのポイントですが、ブラシを使わず手とドライヤーで乾かす方が髪を傷めません。髪のキューティクルダメージは、パーマや毛染めはもちろんですが、シャンプーやブラシ・クシのお手入れの「髪をこすり合わせる」ことでおこります。そして、乾燥した状態でブラッシング、コーミングするより、濡れた状態のブラッシング、コーミングの方がキューティクルの損失が多いという研究結果が出ています。
だから、ドライヤーと手ぐしで乾かしてましょう。

20101115-001.jpg

また、よく「ドライヤーの熱に気をつけて」と言いますが、実は髪の傷みを防ぐには、強い風と熱が必要なんです。ドライヤーをセット用の弱い設定で使うと、温度が低く、髪の内の方が乾くときには、外側の髪は完璧に乾燥してパサパサになるので、高い温度の強風で乾かしてください。

余熱で乾くくらいが髪を傷めず、ツヤがでます。何の気なしに乾かすと、頭の上の方から(外側から)乾かすので、中の方の髪がなかなか乾きません。そこで、中の方の髪が乾く頃には、上の方や外側の髪がパサパサになってしまいます。頭の上半分の髪を、ピンでとめて、根元ら毛先に向けて髪を乾かして行くようにしましょう。

20101115-002.jpg

髪は、肌と違って、中から潤うことはありません。できるだけ傷めないことが、髪をきれいに保つコツですよ。

【頭皮の乾燥・かゆみにお悩みの方は】
いい髪のためには健康的な頭皮が大切です。冬になって頭皮の乾燥が気になる方はasc at homeシリーズの泡シャンプーを是非試してみてください。
20101115-003.jpg

泡シャンプーは頭皮にやさしく、余計な成分を一切配合せず、必要なものだけで頭皮や髪を傷めないようにした、こだわりのシャンプーです。頭皮を健康にして、フケやかゆみを防いでくれます。

泡シャンプーの詳細・ご購入はこちら>>