FC2ブログ

おこもり美容 おうちでケミカルピーリングNo.1ダーマラックローション

ピーリングというとピリピリして、怖いというイメージがありますが、私が好きなのはケミカルピーリングで、強いピーリングは色素沈着しやすい日本人にはむかず(白人は、一皮むくようなピーリングで1年キレイということもあります)、浅いピーリングを繰り返すのがむいています。
そして、必要なとき必要な期間だけ行うのです。
そして、必ずビタミンAと一緒に使います。

20200505_03.jpg
古い細胞が積み重なることで角層が厚くなって、新陳代謝も遅くなります。肌表面は潤いがなく、ざらざらしたり、小じわが目立ちます。毛穴に皮脂がつまり、ニキビが出来やすくなります。

ケミカルピーリング(AHA)で、細胞と細胞の間をがっちりくっつけている「細胞間脂質」をやさしく溶かして、古い細胞を剥がれやすくして、角質層が正常になり、新陳代謝のリズムも戻ります。あとから塗るものの浸透も良くなるので、ビタミンAやペプチドの効果も倍増します。

20200505_01.jpg
トリートメントの時も必ずピーリングの後はビタミンAとCの導入をします。   

20200505_06.jpg
フルーツ酸とか、AHA(アルファハイドロキシ酸)とかよくお聞きになったことと思います。クレオパトラは、ロバのミルク風呂(乳酸)に入り、古代ローマのご婦人はワイン(酢酸)で洗顔していたそうですよ。

私が一番好きなのは乳酸(牛乳からのAHA)で、毎日のスキンケアやトリートメントでもよく使います。グリコール酸や、サリチル酸も使いましたが、乳酸が一番難しくなく効果がでます。
ホームケアは、エンビロンのダーマラックローション(乳酸16%pH4.5)が一番です。

20200505_02.jpg
簡単なのは、夜に洗顔後ダーマラックローションを薄く塗り、あといつものシークエンスや、モイスチャージェルとかと塗ります。乳酸は、天然のものが効果あり、人工の乳酸は効果がありません。(グリコール酸は人工でも天然でも同じ)
少し、クセのある香りがありますが、ascでもファンは多いです。美白と保湿です。

今の間に、ボディはいかがでしょう?全身に、ダーマッラクローションを薄く塗り(自分でしたときは、はじめ沢山塗りすぎてベタベタしてイヤでしたが、薄くて良いのです)、そのあとにモイスチャーACEオイル(ビタミンAと抗酸化作用のビタミンC.Eがたっぷりです)を塗るのです。柔らかくてしっとりとなめらかな肌になります。

20200505_07.jpg
クレオパトラや、ハリウッド女優よりも効果のある贅沢なボディケアです。


ところで、マスクですが、マスクをしていれば大丈夫と言うことはありません(@_@;)
予防効果があるのは、感染者を治療するときに使うN95マスク。
一般的なマスクは、サージカルマスクとか不織布ウイルス90何%カットというマスクで予防効果はありませんが、人にうつさない効果があります。

布マスクが、ただの生地だと予防効果はもちろん、人にうつさない効果もなく、のどや鼻の保湿に良いくらいです(>_<)

ただ生地により、例えば高密度の綿の生地1枚とポリエステル9割とスパンデックスと呼ばれるポリウレタン1割のシフォン生地を2枚だと、N95に近い効果があるそうです。
なかなかそういうのは作りにくいので、布マスクの場合は、キッチンペーパー2枚を織りを90度ずらすように重ねるとN95に近い、もちろん人にうつすのを防ぐ効果がでるそうです(^_^)b

どうぞ、試して下さいね。