FC2ブログ

Dr.オバジ研修3


研修で、「なるほど」と思ったのが、欧米のネット販売による弊害です。

Dr.オバジが、有名だったオバジ・ニューダーム(まだ別会社で存在しています)を『ネット販売による、医師の指導なしの不適切な使用方法によるトラブル』、『世界中にひろがったニューダームの偽物』により憤慨し、ニューダームを捨て、ZOスキンヘルスの会社を立ち上げたのは有名な話です。

20190514_01.png

今回は、ネット販売で手軽に「ハイドロキノン」が手に入ることの弊害です。

いろんな会社によるハイドロキノン配合化粧品の氾濫。Dr.オバジとは全く関係ハイドロキノン配合化粧品ですが、黒人の人が12年間ネット販売で購入し、塗り続けて顔がブルーになった写真には驚きました。

そこで、ハイドロキノン配合のZO製品ミラミン、ミラミックスの使用法の変更と、詳しい使用法の説明にDr.オバジは力を入れていた気がします。

20190514_02.jpg
■ミラミン
ハイドロキノンがくすみを抑える力をサポートし、肌の色調を美しく整えます。
容量:80g 12,960円

20190514_03.jpg
■ミラミックス
ハイドロキノン配合で、医師処方薬のクリームと併用することにより、効果的に浸透し、明るくムラのない整った肌へと導きます。
容量:80g  12,528円

私はいつも診察で言っていますが、スキンケアで本当に効果があるものは、販売後の使い方の指導・経過観察がやはり必要です。

だから、一般化粧品では、その場の保湿くらいしか効果はない(Dr.オバジも同じ事話されていてうれしかったです)から、もし塗りたかったら3千円か5千円のを1個だけ塗るのが良いですよ。

20190514_06.png
さて、効果がある成分ですが、ビタミンAが一番効果が強く、しかも一番手間がかかるものです。 ピーリングも必要な人に必要な時だけ使うのが大切と言っていました。

そして、今までは「ハイドロキノンに関しては、単独ではほどんと効果はないが、ビタミンAと併用することはある。最初かぶれなくてもたくさんの量を塗っているとかぶれたりします。6ヵ月ほど使ったらやめましょう」と説明する程度でしたが、使う期間を細かく指導していくことに決めました。

ハイドロキノン配合の製品のネット販売については、欧米が先行していて、日本は遅れてまさに現在非常に多いようで、そのトラブルも急増しているようです。医療機関に通わず、ネットで手軽に購入使用されている方がおられたら、怖いです。