FC2ブログ

シミの種類と治療法

20190409_02.jpg
シミには種類があり、それぞれにあった治療法を行わないとかえって濃くなることもあります。


20190409_01.jpg
こちらは初診の、シミが悩みの40代女性です。
この方は、誰にでもできる紫外線による『光老化シミ(普通のシミ、老人性色素斑)』と、『くすみのシミ(肝斑)』が重なっていています。

さらに皆さんが「シミと思ってずっと高価な美容液を塗ったりすることが多い」けど、実は『青アザというシミ(ADMとか遅発性両側性大田母班様色素沈着いわれます)』もあります。もちろん青アザのシミに美容液は全く効きません。説明後「何年も塗ったのに!」と、よく嘆かれています。

またラテン人に多い、目の周りがぐるっとアイシャドウのような色素沈着があります。

最後の目の周りの色素沈着は、保存的に触らない、こすらないしかないのですが、前者3種類はきちんとした治療法があります。


20190409_04.jpg
この方は、まずは目立つ普通のしみにQスイッチルビーレーザーをそこだけ照射しました。(しばらくテープをはります)

そして、くすみに対してメドライトC6というレーザーを軽く全体に照射していきます。フォトフェイシャル(IPL)も1回あてています。

青アザのシミには、Qスイッチルビーレーザーを照射しています。その後はビタミンA治療を行い、ゼオスキンヘルス(オバジZO)などもしています。

下は正面からの症例写真です。治療前は両頬に青アザのシミがあります。約2カ月後に左頬にQスイッチルビーレーザーを照射しています。その後、右頬も照射して、現在は両頬ともキレイに保たれています。


20190409_03.jpg
実は、普通のシミと青あざのシミADMは、同じQスイッチルビーレーザーで取りますが、打ち方が微妙に違いシミをきれいにとるコツがあります。

またQスイッチルビーレーザーは肝斑を悪化させる恐れがあると教科書にも書いてありますが、きちんと計画を立てるとこのようにきれいにとれます(^ ^)