FC2ブログ

感謝状いただきました~

20161108_005.jpg

先日大阪のダンスの発表会で倒れた男性に、救急車がくるまで救命処置をしたら、感謝状と記念品の今治タオルをいただきました(大阪までいけないので郵送で)。

20161108_006.jpg
私は、意識もなく脈も触れなかったので「心臓マッサージしなきゃ!」と言っただけで、押してくれたのはホテルの方とうちの主人(内科院長)でした。

救急車がきても意識は一瞬戻るだけだったので、心配していました。後日、ご本人からお電話がありお元気で、後遺症もなく社会復帰されたそうです。

不整脈で、心室細動(心臓がふるえるだけで、実際に血液を送り出せない状態)だったそうです。心臓マッサージを続けたのが良かったんですね。


20161108_002.jpg
そういえば、昔25年くらい前に、「日本で心臓死を減らすため大切なのは、高度の最新治療でなく、一般の人に心臓マッサージなどの救命処置を教えることです!」という確か東北の方の循環器の教授の講演を聞きました。

「え~!最新治療じゃないの!一般人に教えること~?」と、えらく感動したことを覚えています。

私が心臓マッサージをしようとすると、会場のホテルの男性スタッフが「私がやりますから!」とテキパキとできたのは、日頃ホテルとして救急救命訓練をかなりされていると感じました。研究などがすすんで、改善された時代になったんだと思いました。

ところで、心臓マッサージのリズムはかなり速いです。100回/分より多いのが良いです。(実際は、なんとなく不安になり回数が少なってしまうそうです)

20161108_007.jpg
古い曲ですが、ジョン・トラボルタ主演「Saturday Night Fever」いう映画の「Stayin’ Alive ステイン・アライブ」の曲のリズムが良いのです。この曲を聴きながら練習をしたら、効果的にできるそうです。

イリノイ大学医学部の研究チームが発見して、胸骨圧迫の速さを覚えるためにもこの曲が使われることが多いそうです。

あるいはプリンセスプリンセスの「Diamonds」も胸骨圧迫に近いテンポで良いそうですよ。
それに、心臓マッサージは、離すときが大事なんですよ。

リズム感がいりますね。