FC2ブログ

紫外線対策スキンケアのススメNo.1

日差しが強くなってきましたね。毎年恒例ではありますが、紫外線についてお話をしていこうと思います。
02.jpg
老化した皮膚の症状は、毎日紫外線を浴びることによって起こります。しかし、そのような症状(シミやしわなど)が出てくるには、非常に長い時間が掛かるので、ほとんどの人がその症状を自然の老化だと考えています。しかし、医学界においては、老化の80%は「紫外線による光老化」が原因であり、残りの20%は「自然の老化(どうしようもない老化)」と区別されるようになってきました。さらに「紫外線による光老化」は予防できることも分かってきたのです。

日に焼けると、まず肌が赤くなりやがて茶色になります。赤くなるのは、皮膚が炎症を起こしているからで、炎症を起こしている皮膚の遺伝子は日焼けにより、たくさん傷付けられてしまいます。もちろん、人間にはその遺伝子の傷を治す力がありますが、傷つきすぎると、きちんと治すことが出来なくなります。それが、シミやしわ、そして最後は一番怖い皮膚ガンの原因ともなるのです。

オゾンホールの発生など、昔のような地球環境とは変わってきて、光老化による老化の問題は深刻になってきています。紫外線の多い南半球のオーストラリアでは、光老化の皮膚ガンの高い発病率と死亡率が問題となり、子供の頃から紫外線対策が徹底しています。というのも、一生浴びる紫外線の量の半分を18歳までに浴びてしまうというデータもあるからです。紫外線で皮膚の細胞の遺伝子が傷つきやすい子供の時からこそ、紫外線対策のスキンケアが必要ですね。

hitokoto090530_a.jpg
hitokoto090530_b.jpg