FC2ブログ

やらなきゃ損です! ロールキット

2013_1031_011.jpg
2013_1031_001.jpg
エンビロン・スキンケアシステムのドクターズミーティングに参加しました。エンビロン・スキンケアシステム開発者のDr.フェルナンデス(デス先生)をはじめエンビロンを使うドクターが参加した会でしたが、私は、「赤池クリニックでのロールキットの使用状況」の発表です。
「ロールキット絶対に良いですよ~」と「指導法のコツはコレです!」という話をしてきました。

2013_1031_009.jpg

2013_1031_010.jpg
----------------------------------
2013_1031_007.jpg
こちらがロールキットです。先端に針の付いたローラーを使います。ローラーを肌の上で転がして、皮膚に意図的に穴をあける治療法です。ビタミンA・C治療で使用し、有効成分を肌の奥、深部へ届けてくれます。

2013_1031_008.jpg
ビタミンAの化粧品をただ塗るだけよりロールキットを使うことによって浸透力が倍増します。針の長さの違いがあり、クリニックケアで使う長い針の『メディカルロールキット』と、ご家庭でのケアで使う短い針の『コスメティックロールキット』があります。

ヨーロッパ・アメリカにて流行している最新のアンチエイジング法ですが、日本では個人輸入して手に入れている赤池クリニックだけでした。この春からは日本でも発売になるので興味を持ってくださったドクターも多かったみたいです。 流行るといいなと思います。

だって、開発者のDr.フェルナンデスが、「みんなが予算をふんだんにかけられるわけでない。同じビタミンAの化粧品を塗っても、効果が大きくなるようにしたい。」と考えて作られた物です。使わないと損ですよ~。
みなさんが診察で良く言われる「かけた予算に対して、少しでもたくさんの効果を!」という望み通りです。
私は、Dr.フェルナンデスが、そういう「人間に対する心からの思いやりのある人」だから大好きです。

2013_1031_006.jpg
ドクターズミーティング会場で。中央がデス先生と私、左がプロティアジャパンの板谷さん、右がascの丸山さん。

------------------------------------

こちらは赤池クリニックでのメディカルロールキットとコスメティックロールキットの症例です。

2013_1031_003.jpg
20代の女性です。ニキビ痕のビタミンA治療にロールキットを使いました。かなりのスピードで改善しています。

2013_1031_005.jpg
こちらは40代の男性です。レーザー(Qスイッチルビーレーザー、メドライトC6)でシミを取ったあと、肌全体をロールキットで改善しました。すごくきれいな肌ですよ!

…次回に続きます