FC2ブログ

フラクショナルレーザーの面白み!アンチエンジングセミナーvol.11(2)

2013_0917_04.jpg
セミナーで私は、ジェーンのスキンケアメイクとの出逢いのきっかけとなったフラクショナルレーザーの話をしました。

2013_0903_05.jpg

最新の旬のレーザーと言えるフラクショナルレーザーですが、現在赤池クリニックでは、5種類のフラクショナルレーザーレーザーが稼働しています。一番はじめがアファームマルチプレックス、2番目がフラクセル3、最近導入されたのが、マドンナリフト最新型(SmartXIDE2スマートサイドスクエア)です。ニキビ痕の治療によく使いますが、たるみにも良いですよ。

さて、これは古参スタッフ「脱毛のことなら何でもお任せ!脱毛エキスパートナース、オグオグさん」です。

2013_0917_02.jpg

まずは、平成20年にアファームマルチプレックスのモニターとなり、顔の左半分だけ2回照射しました。そして、平成24年フラクセル3がはいると、またまた左半分だけ1回(上の写真 中央まで)。
このように左右で法令線の長さに差が出てきています(右の法令線が長い)。本人も「左の頬の位置が高いんです!」と喜んでくれていました。

しかし、他のスタッフが「先生~、かわいそうですよ。右はどうするんですか?」という言葉に、マドンナリフト(スマートサイドスクエア)を平成24年から2回に照射しましたところ、「おっ!右の法令線も短くなってる~!」
写真で見るとよくわかります(写真 右端)。
フラクショナルレーザーは、自分でコラーゲンを作るように刺激して、作られたコラーゲンは5年10年と続くので、年月がたつと更に良くなるのも大きなメリットですね。

ロボスキンアナライザーの結果も

2013_0917_03.jpg

9歳、年をとったのに、毛穴、色素沈着、しわすべての数値が良くなっていますね。

tag : フラクセル3 アファームマルチプレックス