FC2ブログ

スキンケアの歴史(スキンケアに流行はない)

先日診察で、「1950年代に老人の脚にビタミンAを塗ったら若返って~」というと「古いんですね」と言われ、スキンケアの流行の流れを話したので、書いてみようかなと思いました。

20210223_01.jpg
■1950年、高齢者の脚にビタミンAを塗り若返ったという論文が発表された。

■1980年代半ば、ビタミンAを塗ると若返ると大流行したが、ビタミンAでもレチノイン酸を使ったので、ビタミンA反応(乾燥、赤みなど)で廃れていった。

■1980年代終わりは AHA(フルーツ酸、アルファハイドロキシ酸)が脚光をあびるが、長期使用で皮膚の乾燥、過敏が問題となる。

■1990年代になるとビタミンCが脚光をあびる。しかし刺激的な反応もないが、効果がみえないと廃れていく。

■1990年代終わりになると「活性酸素」が知られ、活性酸素の害を減らす「抗酸化物質」が注目される。ビタミンC、E、フラーレンも抗酸化物質です。

最近はペプチド(成長因子もペプチドの一つ、幹細胞コスメとか、塗るボトックスとかも)が化粧品の成分として注目されています。

asc(赤池スキンケアセンター)の患者さんは、ここでお気づきになるかもしれません。「私、毎日全部塗っているわ」と。

つまり、私がドクターズコスメと言って良いのは、Dr.フェルナンデスのエンビロンと、Dr.オバジのZOだけ、さらに予算が、、、という方にはascが作ったasc at home。みなさん、これらをお使いになっていると思います。

大手一般化粧品メーカーは、そのたびに飛びつき、捨てて、次に走る。一つの流行の成分に熱狂するのですが、「スキンケアに流行はない」なんです。

20210223_02.jpg
Dr.フェルナンデスは、「スキンケアに流行はない」それぞれに役割があり、特にビタミンAと抗酸化物質は助け合って光老化の害を防いでいると、医学的情報を取り入れたスキンケア製品をまず作り上げました。

1987年にDr.フェルナンデスは、ビタミンAもレチノイン酸よりマイルドなパルチミン酸レチノール、そして抗酸化物質(ビタミンC.E,ベーターカロテン)の配合されたスキンケアクリームを作り、その後ビタミンAも酢酸レチノール、レチノールそして、フルーツ酸、多くのペプチドをスキンケアに取り入れてエンビロンスキンケアシステムがどんどん進歩していきました。

20210223_04.jpg
ascでは19年前内科の駐車場にasc westをはじめて作ったときからビタミンA治療に取り組んでいます。19年前当時、患者さんに「ハリウッドの女優と市場町のみなさんが同じ化粧品使ってるんですよ~」とよく言ってました。反応は、「ふ~ん、そうなんで?」でした。

今は「(日本の)女優の~さんと同じ、化粧品塗ってますよ~(日本であんなに無名だったのに、知名度が上がって夢みたいです。)」すると「え~!!、ホント?すごいわ!私、良かった、先生ありがとう~」

20210223_03.jpg
Dr.フェルナンデスに感動してascを作りましたので、初めはエンビロン化粧品とトリートメントのみでした。その後フォトフェイシャルからはじまって、いろんなレーザー、ビタミンAでもDr.オバジの塗り薬治療など、私も好きな治療を取り入れていきました。

しかし、やはり原点はエンビロンで、今でも「いくらレーザー治療をしていても、ビタミンAを塗っているかいないかで効果が全然違う」と思います。

おっと、さらに洗顔も大事ですね。