FC2ブログ

ゼオスキンヘルス 研修報告NO.2

さて、研修報告第2弾です。

20190427_01.jpg

ドクター・オバジは、ゼオスキンヘルス(オバジZO)のクリーム一個でも、治療であると話されてました。下の製品はデイリーPDです。 ascでも様々なお悩みの方にオススメしている美容クリームです。


20190427_03.png
ゼオスキンヘルス デイリーPD
ビタミンA(レチノール、パルミチン酸レチノール)、ビタミンEなどを配合しています。肌にハリを与え、肌をやさしくケアしながら、美しく健やかな肌へ導きます。ビタミンEが外気の刺激や乾燥から、肌を保護し、潤いを満たすことで、肌のトラブルを未然に防ぎます。


ドクター・オバジは、「私は、患者さんにあなたが良くなることを常に考えている。何をしたらよいか、何をすれば良くないかを教えていきます。スタッフは、患者さんに寄り添うのです。」と話していました。

実はascも同じことを、スタッフに教えています。 「やはり、そうなんだ!」と嬉しかったです。

しかし、ドクターオバジは、「私は初め患者さんに嫌われて、やがて感謝される」「痛みなくしては、得られるものはない」とも、言われてましたから、かなりビタミンA反応やピーリングを強くしているようです。

私は、「そうは言っても、人間つらいのは続かないなー」また、白人は、強いピーリングはむいているが、東洋人は色素沈着起こしやすいから、軽いピーリングを繰り返すのが良い。さらに、結局ビタミンAの塗り薬を使う一番強い方法でも、東大方式から始まって、ニューダーム、ゼオスキンヘルスと数千人みてきましたが、赤み皮むけがひどくなくても、効果に変わりがないから、ascはできるだけ反応はマイルドなやり方を工夫しています。

下の症例写真は60代の女性の方です。
20190427_04.jpg
美容レーザー治療(メドライトC6、フォトフェイシャル)とビタミンA治療(ゼオスキンヘルス、ロールキット)を組み合わせています。

こちらは20代の女性の方です。
20190427_05.jpg
この方も、美容レーザー治療(メドライトC6、フォトフェイシャル)とビタミンA治療(ゼオスキンヘルス、ロールキット)を組み合わせることで、短い期間でキレイな肌になっています。