FC2ブログ

DFモバイルです(^○^)

20191109_01.jpg
ドクターフェルナンデスは、だいたい自宅に1年の1/3しかしなくて、世界を飛び回っているそうですが、「必ずDFモバイルとロールキットを出張に持って行きます」と言われてましたが、特に今はDFモバイル押しの気がしました。

20191109_02.jpg
先日のアンチエイジングセミナーでも講演の中でも、その後のトークセッションでも詳しく語ってくれました。


上はasc sixの上田店長がDFモバイルの使い方を紹介している動画です。

20191109_05.png
専用美容液と一緒に使うことで、美容成分をより深く浸透させます。


20191109_03.jpg
こちらの症例は50代の女性です。レーザー治療と、月1回のトリートメント、ロールキット、DFモバイルなどのビタミンA治療を続けていらっしゃいます。治療前より3年経過した後の方が、ハリがある若々しい肌になっています。

20191109_04.jpg
以前ドクターフェルナンデスが、耳の後ろをロールキットで特にコロコロしていると見せてくれ「ココが大切!」と言われてたから、私はフラクショナルレーザーレーザーVIVAの部分照射「たるみ部位」の時、耳の後ろとアゴ下をずっと照射していくことにしていますが、ドクターフェルナンデスは、DFモバイルを首の後ろというか、うなじまでされてるみたいでしたよ。

ドクターフェルナンデスは南アフリカで形成外科クリニックをされていて、ヨーロッパのセレブが順番待ちというリフトアップ手術の名医でしたが、ご自分は「手術はしていない、エンビロンだけ」と言われていて、「手術されるから、たるみのポイントがよくわかるのかな~」と思いました。

現在77歳ですが、3年前より若返っておられる気がしました。ということは、DFモバイルか?ご自分でされるというメディカルロールキットか? 自宅にいるときに欠かさず行う週1回のトリートメントもいいのかも! 

3つのうちのどちらか、あるいは全部の効果なのか~。特にトリートメント集中の効果はレーザーに匹敵します。「ふむふむ(´ω・◎)」の私です。

Vol.20 最先端アンチエイジングセミナー無事終了しました。

20191028-01.jpg
10月27日に最先端アンチエイジングセミナーVol.20が無事終了しました。
参加して下さったみなさま、大変ありがとうございました。できるだけわかりやすく、すぐに役に立つお話をと思いましたがいかがでしたか。

20191028-02.jpg
今回のセミナーは、エンビロン開発者のデス・フェルナンデス先生にお越しいただきました。

20191028-03.jpg
デス先生をascにお招きするのは4回目。エンビロンが生まれた理由や、「ほんとのスキンケアに流行はない」と、ビタミンAケアの大切さを話してくれました。

20191028-05.jpg
私はビタミンAとレーザーの併用の治療法について。とくにビタミンAはニードリング(ロールキット、メディカルロールキット)のお話をさせていただきました。

20191028-06.jpg

20191028-04.jpg
ドクターフェルナンデスが、トークセッションでDFモバイルの話をされ、実は3日坊主になっていた私も絶対に再開しようと思いましたが、友人も「会場で購入してしまった!頑張るわ!」と言ってました。ドクターフェルナンデスは淡々とお話しされますが、説得力がありますね。耳の後ろからアゴ下、口周り(VIVAのたるみ範囲)のメディカルロールキットのメニュー作ろうかと考えました。

20191028-08.jpg
また、こんな田舎(?)で、「症例写真のレベルの高さは世界レベル」と言っていただきました。嬉しかったです。写真左は、トークセッションに参加していただいた、エンビロンを日本に導入された戸澤先生です。

準備しています(^^)

20191013b-1.jpg
10月27日のドクターフェルナンデスの講演会では、私も講演をします。今、スライド準備しています。

20191013b-2.jpg
大した麻酔がいるとか、ダウンタイムが長いのでない軽いレーザーを時々ポツンポツンとするけど、主として、トリートメントとホームケアは続けてるという方の症例が多く、やはり紫外線による光老化に対し、ビタミンAと抗酸化(ビタミンC、E、フラーレン)の継続が1番だと思いました。

20191013b-8.jpg
こちらは40代女性の患者さんです。メドライトC6を8回し、それ以外はビタミンA治療(オバジZOやトリートメント、ロールキット)を継続され、5年後にはさらに若々しい肌になっています。

20191013b-4.jpg
最近はレーザーは、気軽にできるフォトフェイシャルや、マイルドサーマや、V I V Aが赤池クリニックでははやりだなと感じます。

20191013b-5.jpg
こちらは60代の女性の方ですが、ピンポイントのシミをQスイッチルビーレーザーで治療した後は、3ヵ月に1回フォトフェイシャルとビタミンAトリートメントを継続しています。シミ、シワ、たるみなど肌全体が若々しくなってきています。

20191013b-7.jpg
もちろん、メディカルロールキットでしっかりニキビ跡、毛穴治療も流行りですが。

20191013b-6.jpg
こちらは20代の女性の方です。メディカルロールキット治療を12回されましたが、凹凸ニキビ痕がキレイになっています。

メイクセミナー&アンチエイジングセミナーが近づきました!

20191008_01.jpg
阿波市で、ascのスタッフが講師をするメイクセミナーがありました。

20191008_03.jpg

20191008_02.jpg

20191008_04.jpg
ジェーンアイルデールでメイクすると、「お化粧しました!」でなく、薄化粧で、艶がでて綺麗ですね。


20191008_05.jpg
私は、10月ドクター・フェルナンデスの講演会の原稿準備しています。何か一つでも皆さんの、即お役に立てる話をしたいと思っています。

20191008_06.jpg
今回のアンチエイジングセミナーは20回目ということで、エンビロン開発者のドクター デス フェルナンデスに来ていただきます。徳島に来ていただくのは2013年2月のサンクスパーティ以来です。

20191008_07.jpg
エンビロン開発者にお会いできる機会と、私もスタッフも楽しみにしています。ぜひお越しください。

サンクスパーティーありがとうございました

春恒例のサンクスパーティーです。
クレメントシェフ達による和、洋、中のお料理と、ゼオスキンヘルス(オバジZO)の藤井さんの話がメインで、ダンスとかのエンターテイメントはありませんでしたが、気取りもなく家庭的な感じのパーティーでした。

20190621-12.jpg
まずは乾杯のあいさつです。

20190621-08.jpg
司会はイオン店の上田店長、乾チーフのコンビ。

20190621-16.jpg
ゲストのゼオスキンヘルス(オバジZO)のキュテラ株式会社 藤井さん。今年4月に、ゼオスキンヘルス開発者のDr.オバジが5年ぶりに来日し講演などがありましたが、その時、医師向けに行われたセミナーの話をしてくれました。

20190621-02.jpg
会場は眺めの良い、クレメントホテル最上階です。

20190621-03.jpg
やや緊張気味のイケメンシェフによる、料理の説明。料理は「美と健康」をテーマに、サンクスパーティ用特別メニューを作ってくれました。

20190621-13.jpg
まずは『和』です。

20190621-14.jpg
続いて『中』。

20190621-01.jpg
メインは『洋』です。

20190621-04.jpg
デザートのチェリージュビレは実演。

20190621-15.jpg
こちらがデザート。

20190621-05.jpg
クイズで盛り上がり

20190621-06.jpg
どのチームも力が入っています。
20190621-07.jpg

20190621-09.jpg
最後は同点の3チームによるじゃんけんです。クイズの優勝チームには、藤井さんからプレゼント。

20190621-10.jpg
「勝ちました!」

20190621-11.jpg
プレゼントです。

20190621-17.jpg
国金事務長も、ちょっとデレデレうれしそう♪


わたしの家族と、オバジ藤井さんが同じテーブルで、親戚の小母もシャンパンとワインで、ほろ酔い。

小母が、「わたしが5年前にね。壇上に上がらせていただいて、お話ししたときね(Dr.オバジの講演会で、患者さんたちが数名壇上に上がって、体験談を語ってもらいました)。南アフリカからドクターがね、来られたでしょ」
「そっ!それは・・・」、藤井さんと私が動揺して「え~と、それはエンビロンの南アフリカのドクターフェルナンデスでは?」
Dr.オバジはアメリカの…。エンビロンは、まあライバル・・・。

しかし、その時に叔母が80歳で、「5年後に生きていたらもう1回オバジの薬治療をするわ。」と言ったら、Dr.オバジが非常に喜んでハグしてくれたそうで、「今85歳になったから、しなくちゃいけないわね」で話がまとまりました。良かったです。