FC2ブログ

ニキビ痕治療の王道です!!

さて、最近お気に入りのニキビ痕治療の王道です!!

今年らしく、メンズの方から説明致します!

20210108_01.jpg

20代男性、7ヶ月の効果です。
まずはニードリングの中でも一番効果が高いメディカルロールキットを1~2週間間に1回のペースで5回行い、その後トリートメント(ビタミンAとCのイオン導入+超音波導入)を2週間に1回、自宅ではハリの短いコスメティックロールキットをしてからエンビロン化粧品を塗ることによって、頬の凹凸のニキビ痕がかなり改善されています。メディカルロールキットを施術が終わってから、半年以上立ってさらに「ニキビ痕の底が上がってくる気がする」とよく言われます。施術が終了してからも良くなっていく感じですね。

20210108_02.jpg
クリニック施術のメディカルロールキット

20210108_03.jpg
メンズ店でのフェイシャルトリートメント

20210108_04.jpg
ご自宅でのコスメティックロールキットです。


さらに、よくみると7ヶ月で頬も引き締まっているようです。やはり、ビタミンA(ついでにCや乳酸ピーリングもしていますが)治療は、ニキビ痕の凹みや、みなさんが気になる法令線(リフトアップ)の治療にむいていますね。

メディカルロールキットで、「ドッッカ~ン!」とビタミンAを入れて、2週間に1回トリートメントで「ドーン!」と入れて、あと毎日キチンと「コツコツ」いれていくとキレイになると言うことです。

レーザーでは、コラーゲンを増やすことが出来ますが、ビタミンAは、コラーゲンとエラスチンを増やすことができます。

コツコツと言うことが苦手という方も多いのですが、

「最初は短い時間、ちょっとやり方もわからなかったので鏡を見ながらしてたんですけど、慣れてきたらロールキットをかける時間が長くなってきて、今は30分くらい毎日してます。テレビ見たり映画見たり、たまに友達とも話しながら、LINE通話しながらです。その合間でロールキットして、フォーカスキットをポンポンポンてして、エンビロンの化粧品を毎日塗ってます。」っていう感じで普通にしてくださっている様です。
快くインタビュー受けてくださったので、HP,Youtubeをご覧ください



20210108_05.jpg
メンズ店のホームページの特集『美しき男達』はこちらから>>

メンズの時代よ!!(福井県でヒゲ脱毛大人気?東京では、メンズのフェイシャル・スキンケアが大人気)

もともと医療レーザー脱毛は、18年前東京の高橋先生と、福井県の橋本先生に、ライトシェアで色々教えていただきました。その福井県の先生が「最近ヒゲ脱毛がすごい人気!」と言われました。また、東京の方から、「男性が美しくありたい!と、スキンケアやボディに力を入れている。しかも若い男性から、年代を超えて増えてきてる。メンズのサロン作らないの?」と聞かれました。

「(何をおっしゃいますやら・・・)メンズサロンはずっと前からありますよ~」そういえば、ジェーン・アイルデールのファンデーションを男性購入とか聞くようになりました。

男性の方は、まじめなので、ロールキットとか、トリートメントとかでコツコツキレイになる方が多いですね。

下の症例は20代の男性の方で、ニキビ・ニキビ痕の治療です。

20200926_00.jpg

20200926_01.jpg

ニキビをサロンだけで(普通はニキビはクリニックへと言うのですが)治しています。私もちょっと驚きましたが、乳酸のピーリングとビタミンA・Cのトリートメントで、ニキビ痕の凹凸まで改善されています。

たまたま8月から県外で就職と言うことで、7月中に少しでも良くしたいとサロンの方に来店されました。1ヶ月しかないので、サロンで1ヶ月集中トリートメント(週3~4回、計13回、1ヶ月)です。

いつもは診察で「ニキビやニキビ痕の赤み、色素沈着は、ビタミンA治療でOK。凹凸になるとフラクショナルレーザーや、針で穴をあけていく治療(メディカルロールキット、メディカルVAなど)が必要と説明していましたが、ピーリングと導入トリートメントでここまでよくなるとは。いつもまじめな患者さんに教えられますね。

ヒゲ脱毛はascの人気メニューですが、毎日のヒゲ剃りが楽になるだけでなく、カミソリ負けやニキビなども改善して、肌がキレイになる方が多いです。

20200926_04.jpg

20200926_05.jpg

20200926_06.jpg

さてascでも、「ヒゲ脱毛キャンペーン」と「1カ月のフェイシャルモニター」はじめました。

20200926_03.jpg

20200926_02.jpg

メンズのみなさん、よろしくね。

メンズサロン(men's asc)のホームページはこちらから>>

ニキビを治しましょう!

20160628_03.jpg
10代、20代の方の大きな悩みは、ニキビです。

14年前、私が内科をしながらスキンケアの診療を始めた頃は、海外の本を読むと「ニキビは病気なので治す」「ニキビのファーストチョイスはビタミンA」が世界の常識でしたが、まだ日本では抗生物質やイオウのローション程度の治療でした。
そこで、私は最近日本でも使われるようになったビタミンAの塗り薬「ディフェリンゲル」を、個人輸入して使っていました。

20160628_04.jpg

現在では、いろんな形でビタミンAを使っています。塗り薬も種類が多くなり、スキンケア製品、そして塗るだけでなくサプリも。

20160628_01.jpg
この方も、肌に優しい洗顔を行って、ビタミンAを中心に抗酸化ビタミンCやEのスキンケア製品を塗ってもらいました。

20160628_02.jpg
こちらの方も、ビタミンA治療のNEWオバジZOでニキビが改善しました。

サロンに来られたときは、フルーツ酸のピーリング配合のトーナーで肌を整えて、ビタミンAとCを電気の力で肌の奥まで浸透させていきます(ビタミントリートメント)。

初診の時、みなさんニキビとともに「ニキビ痕も取れないんです」とよく言われますが、新しいニキビが出来なくなると、ニキビ痕の赤みや色素沈着も取れていきます。

「ニキビは青春のシンボル」とか、「そのうち治る」「メイクをやめると治る」とか言われる時代は終わりました。

将来、ニキビ痕の凹凸をフラクショナルレーザーで治すより、今ニキビを治してしまいましょう!

メディカルロールキットしました!

006.jpg
私はレーザーは自分に照射できません。サーマクールとかを自分でしておられる先生もいるみたいですが、無理だ~。
東京まで行って知り合いの先生に照射してもらうので、間があいてしまって、この前はなんと1年半ぶりでした。
私はもっぱらエンビロンのホームケアとロールキット(自宅でする針が短い針付きローラー)とトリートメント(電気でビタミンAとCを入れていく方法)です。

003.jpg
ですがメディカルロールキットはレーザーと違って、クリニックケアでも自分でできます。
麻酔のクリームを塗って、針が長い針付きローラーで微小の穴をあけて、トリートメント(電気でビタミンAとCをいれる)をします。

効果は、フラクセル3やマドンナリフトなどのフラクショナルレーザーと同じように、肌の入れ替えなので、シミ、しわ、たるみ、毛穴などの症状に対して効果的です。
しかも、嬉しいことにフラクショナルレーザーレーザーよりダウンタイム(赤くなったり、かさぶたが出来たりの時期)が少ないです。

007.jpg

上の写真が施術直後と翌日です。
写真のように、当日は赤いですが、翌日はメイクすると全くわかりませんでした。赤くなるのが全顔より顔の2/3くらいの方が、私はやりやすいので、下の図の感じでわけてしています。
001.jpg

メディカルロールキットは新しい治療法です。ダーマローラーもローラーについた微細な針で穴を開けるのですが、メディカルロールキットの方が穴にビタミンAを入れていくので、効果が一段と大きく、ダーマローラーは今はほとんどしていません。
「毛穴、ニキビ痕、たるみとかでフラクショナルレーザーしたいけど、ダウンタイムがちょっと・・・」という方に、おすすめです~!

004.jpg
この方は赤池クリニックの患者さんですが、レーザーは全くしていないのに、毛穴が引き締まって肌質がかわり、化粧ノリも良いそうです。ビタミンAのホームケアとロールキットをコツコツすることで確実に効果を上げています。

メディカルロールキットの詳細はこちらから>>
ジェーンのファンデーション(ピュアプレストベース)の詳細はこちらから>>

新しいニキビ治療について

2012_0207_05.jpg

新しいニキビの治療薬クレンジダームは、Benzoyl peroxide過酸化ベンゾイル(BPO)が配合されたニキビの治療薬です。BPOには、アクネ菌を減少させる抗菌作用と、ピーリングのような皮脂のつまりを溶解させる作用があり、アメリカでは、ニキビ治療薬としてひろく使われています(アメリカで売っているプロアクティブにも入っています)。さらに、オバジ・クレンジダームではBPOを従来のものより、1/10,000にして、毛穴に深く浸透して効果を強力にしています。

「クレンジダームとか、新しい治療薬も必要かな~?」と思いましたので、とりあえず使ってみました。まずは、スタッフ数人。そして、患者さんには「新しい薬で、うちでもまだあんまりしてないけど、やってみます?」と始めました。
たしかに、2ヶ月で全員ニキビは改善しています。

2012_0207_06.jpg

しかし、「どうかな~。やはりビタミンAの方がキレがあるかな?」という印象です。
一般的には、ディフェリンゲルで充分だと思います。普通のニキビはきれいに治ります。しかし、最後の詰めが今ひとつの時、例えばかなり改善しても、時々生理前にニキビが出る方には、オバジニューダームシステムがぐっと効きます。半年もあれば、ニキビ痕の赤みや色素沈着まできれいにとれます。

2012_0202_06.jpg

こちらのスタッフはオバジ・ニューダムシステムで治療しました。小さなニキビが改善しています。

ビタミンAの治療として、ディフェリンゲルもオバジニューダームシステムもクレンジダームもしたことがあるスタッフは「絶対にオバジニューダームが好き、ニキビ消えるのが早かった!」と言う人が多いです。

とはいえども、クレンジダームもビタミンAより使い方の説明なども簡単で「気軽に使えるのでこれもよいかな」と思いました。まあ、それなりにはっきり効果は出ているので、患者さんの性格やライフスタイルによって使い分けしていこうかなと思いました。

ascのニキビ治療の詳細はこちらから>>

もう、ニキビをひとりでクヨクヨ悩む時代ではありません。ニキビは、「青春のシンボル」でもなく、「そのうち治る」のでもなく、「化粧するからできる」でもなく、病気なので必ず治ります。