FC2ブログ

目の下・口もとに、ヒアルロン酸溶けるニードル状美容液、貼って寝るだけ

20190712_01.jpg
ナビジョンから目の下、口元用のニードリング状美容液に新しい製品がでました。

20190712_02.jpg
左は以前から出ていた、HAフィルパッチ。右が、新しく発売された、医療機関店頭のみ取り扱いのナビジョンDR アイフィラーです。

20190712_04.jpg
こちらがシートを取り出したところ。ヒアルロン酸を針状に固めたものが、約1800本シートに敷きつめられています。

20190712_03.jpg


ヒアルロン酸100%の針状のマイクロニードルです。 一般向けのものは、数年前からありましたが、今回医療機関店頭用に、さらに強力になって発売されたものです。

昔、はじめて見たときに、「これは患者さんは、すごい好きそう」と言ったのですが、スタッフがイマイチのらずあまり流行りませんでした(スタッフはビタミンA好きすぎて)。

しかし、数年たって世間ではネット上で、よく似た医療でないパッチが氾濫してきました。本家本元が改善に改善を重ねて、パワーアップしました。目もと・口元の針が気になる方、乾燥が気になる方、明日は特別な日!!と言う方におすすめです。



イオン店の上田店長が早速試しました。

20190712_05.jpg
まずセットのナビジョンDR アイセラムを目元に塗って、

20190712_06.jpg
美容液シートを目元に貼ります。シートは夜貼って、朝までそのまま眠ってください。

ちょっとはじめ痛いかなと思うけど、大丈夫です。

20190712_07.jpg
上の写真が夜(使うまえ)で、下の写真が翌朝です。使った翌朝から、目元のむくみが取れて、ハリ感アップ、化粧ノリも良いとのことです。

ロールキット、ZOスキンヘルスのビタミンAの塗り薬をされている方は出来ないです。

ビタミンAの反応出ちゃって・・・と言う方に、朗報

紫外線による光老化を修復するためには、ビタミンAが必要なのはわかっていても…
「どうして、あの人は同じシークエンス1番塗って、反応もなくどんどんんきれいになるのに、私はカサカサするの?」
…などといった経験ありませんか?

もちろん人の性格は違います。

「塗ってたら綺麗になるんでしょ! カサカサももう終わったわ」
と乗り越える方もいれば、

「やはり、苦手だわ」
と乗り越えられなかった方も?

今回、そういう初心者にぴったりの、ビタミンA配合化粧品ができました。

20190628_01.jpg
スキンベターというアメリカのスキンケア製品です。
ビタミンAの反応が出ないのが特徴で、エンビロン、ゼオスキンヘルス(オバジZO)の世界の2大・ビタミンAスキンケアブランドに追従するものです。

いろいろ製品はありますが、まずは、この2本からはじめるのがよいかと思います。

20190628_02.jpg
ビタミンAは、こちら。アルファレットです。
ビタミンAとして、特許取得のレチノールを配合で、2016年ベストコスメ賞をとったそうです。今まで、エンビロン、ZOではじめにカサカサや赤みでやめちゃったという方にはぴったりですね。ビタミンAの入門編。

20190628_03.jpg
次はイーブントーンです。一緒に使うのに選んだ美白剤です。ハイドロキノンははいっていません。


20190628_04.jpg
実は、ascにゼオスキンヘルス(ZO)開発者のDr.オバジを紹介してくれたのが、今はZO(日本正規総代理店キュテラ社)から離れたクリスです(写真左)。

またスキンベターは、かつてZOのNo.2で、徳島にDr.オバジが講演に来てくれたとき一緒だった、こちらもクリスが、中心で世界をまわっています(写真右)。

クリスがクリスを連れてきてくれたです。

20190628_06.jpg
二人がスキンベターの紹介に来てくれましたので、徳島市内のレストランに行きました。そこでは、いろんな日本人、世界の人々がお客で訪れたとき、壁にサインするのですが、2名のクリスもサインしてます。

20190628_07.jpg
一緒にサンクスパーティーでマンボをデモしたクリスは、ダンスが大好きなんで「SHALL WE DANCE? はげクリス」と書いてます🤣。
はげではないんですがね。スキンヘッドのお茶目なクリスですね。
20190628_05.jpg

はじめてのボトックス自分打ち

レーザーとかは自分で照射できないので、数年前から東京の石川先生(講演会の演者としてお呼びしたこともあります)に、年に1回くらい新しいレーザーとか照射していただき、いろいろ聞いたりしています。レーザーではありませんが「凍らせて痩せる」クルスカも先生のおかげで日本で3番目に導入しました。

20190531_05.jpg
こちらが石川先生。写真は2017年にascのアンチエイジングセミナーに来ていただいたときのものです。

石川先生はもちろん1番めですが、ある時「クルスカ、患者さんが受けてくれないんよ。自分と1人の患者さんだけしてるだけど、すごく良い機械だから!」というので、受けてみたら素晴らしかったので、すぐ導入しました。今や日本で大流行ですね。

そんな経緯で眉間のボトックス注射も、年1回くらいのペースで石川先生にしてもらってました。もちろん、赤池クリニックの患者さんには私が注射しています。

20190531_07.jpg
こちらが赤池クリニックで使っている、アラガン社のボトックスビスタです。表情ジワの働きを抑え、シワを改善する作用のある薬で、日本人への有効性と安全性を厚生労働省から承認されている国内で唯一の医療用医薬品です。

ですが「自分では自分の眉間に注射できない~。怖いし」と思っていたのですが、「すぐに東京へ行く予定もなし…」。1年以上受けてないけど、あまり気にしてなかった眉間でしたが、よく見ると「え~!何これ、シワ~!顔険しいし~」。

思い切って自分打ちすることにしました(もちろん、簡単に自分打ちされている先生もおられると思います)。

しかし、左手では刺せても押し込みができにくくて、ナースに「私が角度つけて針刺してるから、押して!」と頼みました。終わったら、2人で「はあ~」「やれやれ」でしたが、「でも、簡単だったね」と。

2~3日で良い感じです。
これからはボトックス眉間は自分打ちしよっと!

20190531_01b.jpg
こちらの写真が普段の状態。

20190531_02b.jpg
次が『眉間にシワを寄せようとしている』状態です。力を入れても、シワができません。

下の写真はイオンモール徳島店スタッフの乾チーフがボトックス注射を試した時の写真です。数日でシワができなくなります。
20190531_03.jpg

ヒアルロン酸などの異物でシワをふくらます「フィラー」は、副作用が怖くて当院ではしていません。

ボトックスは、注射でも薬がきれたら終わりで、副作用と言っても注射の後の内出血(よく、採血とかで紫になって、黄色になって消えるあれです)くらいなので、クリニックではよくします。

眉間や額とかはずっと続けていると、シワも浅くなるので特におすすめですよ。
私も年に1回、数年だけで浅くなった気がします。(普通は半年に1回)

ワキの汗が気になる方には、夏前に1回ワキに打ちます。ワンシーズもつみたいです。

Dr.オバジ研修4


前回「一般化粧品を塗る場合は、1個だけでいいですよ」と書きましたが、それは化粧品をたくさん塗るとその分顔をこするので、くすみ(肝斑)ができてしまう人が多いからです。

下の写真は赤池クリニックの患者さんで、50代の女性の方です。オバジの薬治療(この頃はオバジ・ニューダーム)を希望されましたが、「肌があれているので、整えてからオバジをしましょう」となりました。

20190523_01.jpg

化粧水、乳液、美容液、クリームとたくさんの一般化粧品でケアされていましたので、洗顔とメイクを変更し、化粧品は患者さんがお持ちのクリーム1個だけにしました。3週間で赤みとともにくすみも良くなりました。この後、オバジの薬治療を始められました。




20190523_02.jpg
こちらは30代女性の患者さんです。この方もニキビに対するオバジの薬治療希望でしたが、ご本人の都合でスタートが一カ月後になりました。オバジを始めるまでの間、化粧品を1個だけにしてもらい、洗顔方法とファンデーションを変えていただきましたが、1カ月でニキビが改善しました。こちらの患者さんも、この後オバジの薬治療を始められました。

Dr.オバジ研修3


研修で、「なるほど」と思ったのが、欧米のネット販売による弊害です。

Dr.オバジが、有名だったオバジ・ニューダーム(まだ別会社で存在しています)を『ネット販売による、医師の指導なしの不適切な使用方法によるトラブル』、『世界中にひろがったニューダームの偽物』により憤慨し、ニューダームを捨て、ZOスキンヘルスの会社を立ち上げたのは有名な話です。

20190514_01.png

今回は、ネット販売で手軽に「ハイドロキノン」が手に入ることの弊害です。

いろんな会社によるハイドロキノン配合化粧品の氾濫。Dr.オバジとは全く関係ハイドロキノン配合化粧品ですが、黒人の人が12年間ネット販売で購入し、塗り続けて顔がブルーになった写真には驚きました。

そこで、ハイドロキノン配合のZO製品ミラミン、ミラミックスの使用法の変更と、詳しい使用法の説明にDr.オバジは力を入れていた気がします。

20190514_02.jpg
■ミラミン
ハイドロキノンがくすみを抑える力をサポートし、肌の色調を美しく整えます。
容量:80g 12,960円

20190514_03.jpg
■ミラミックス
ハイドロキノン配合で、医師処方薬のクリームと併用することにより、効果的に浸透し、明るくムラのない整った肌へと導きます。
容量:80g  12,528円

私はいつも診察で言っていますが、スキンケアで本当に効果があるものは、販売後の使い方の指導・経過観察がやはり必要です。

だから、一般化粧品では、その場の保湿くらいしか効果はない(Dr.オバジも同じ事話されていてうれしかったです)から、もし塗りたかったら3千円か5千円のを1個だけ塗るのが良いですよ。

20190514_06.png
さて、効果がある成分ですが、ビタミンAが一番効果が強く、しかも一番手間がかかるものです。 ピーリングも必要な人に必要な時だけ使うのが大切と言っていました。

そして、今までは「ハイドロキノンに関しては、単独ではほどんと効果はないが、ビタミンAと併用することはある。最初かぶれなくてもたくさんの量を塗っているとかぶれたりします。6ヵ月ほど使ったらやめましょう」と説明する程度でしたが、使う期間を細かく指導していくことに決めました。

ハイドロキノン配合の製品のネット販売については、欧米が先行していて、日本は遅れてまさに現在非常に多いようで、そのトラブルも急増しているようです。医療機関に通わず、ネットで手軽に購入使用されている方がおられたら、怖いです。