FC2ブログ

楽して痩せる!クルスカ

20201017_01.jpg
世界的な痩身マシンの一つがクルスカ(クールスカルプティング)です。赤池クリニックでは日本にクルスカ(あの頃はゼルティックと言われていました)が登場してすぐの2011年に導入しましたが、2017年には冷却脂肪減少効果を認められ、厚生労働省の承認器になりました。楽して痩せる部分痩せマシンとして人気です。


2011年に導入してからも、先につけるアプリケーターがどんどん進化して、新しいアプリケーターを導入してきました。

最初の頃のは少し吸引されて痛くて60分でしたが、身体のいろんな部位に会わせて、たくさんのアプリケーターができて、35分でできます。だいたい2ヶ月後に脂肪の厚さが7mmくらい減ります。


クルスカは脂肪が4度、水が0度で凍るこの差を利用して、脂肪細胞だけを凍らせて、細胞を自然死させて脂肪細胞の数を減らします。

したがって、例えば下腹のボコッと出てるところをクルスカしてスッキリして、数年後に暴飲暴食で太っても、きれいに丸くふとり、下腹がボコっとでないのです。


20201017_02.jpg
さて、この方は70代女性です。2ヶ月でお腹とウエストまわりがかなり引き締まっています。上腹部4カ所、下腹部2カ所、わき腹3カ所の9カ所されています。

20201017_03.jpg
クルスカの施術は、まず専門スタッフが測定しデザインをしていきます。そして一気にする方や、一つずつ着々とされる方いろいろです。

お年頃でお腹が気になる方、コロナ太りをされた方にもおすすめです。

ついに手に入ったパワープレートパルス!!

20200331_01.jpg
パワープレートの新しい振動マシンが来ました、これです!ピストルみたいですね。パワープレートパルスです。

20200331_02.jpg
これで、筋肉がはったのをほぐしたり、筋膜を剥がしていきます。数年前は「筋膜剥がし?」と思いましたが、こうなれば世界的な流行なんですね。

20200331_03.jpg

20200331_04.jpg
運動すると筋肉がはったり、筋膜が癒着するから、それを剥がしてやる、あるいは年齢を重ねるといろんなクセで、筋膜が癒着して脇が伸びない、骨盤がゆがむ、太ももの後ろが固いこれをとってやると言う理屈ですね。

使い方を工夫している途中です。
ちょっと重いなあ~。誰かしてくれるといいんだけど。

20200331_05.jpg
メーカーのInstagramで紹介されていましたが、スポーツ選手などにも使われているようです。
20200331_06.jpg

コロナ対策で、免疫を上げるために運動と言われても、仕事柄座ってるばかりの私。最近3キロだけ歩くことにしました。

結構筋肉が張るので、パワープレートでほぐしたり、これも使ってみます。

パワープレートはネットショップでも取り扱いしていますので、詳しくは下から見てみてください。
https://www.asc-cosme.com/member/pp/index.html

今こそパワープレート

20200326_01.jpg
運動の機会が減ると心身機能低下になるから、要注意です。徳島県では、阿波踊り体操も良いと発表されました。

20200326_02.jpg
※上の写真は徳島県のHPより

特に高齢者の方は、新型コロナに勝つために、「運動、睡眠、栄養」「換気、手洗い、消毒」(もう耳にたこですか。すみません。)
ところが、イベント事がなくなり、やはり周りをみても家に閉じこもりがちです。

20200326_03.jpg
こちらは親戚のオバで、85歳ですが、長年の水泳をやめることになったので、パワープレートを週に2回されています。パワープレートは、加重をかけるトレーニングと違い、関節などを痛めません。

20200326_04.jpg
上下・左右・前後の非常に早い振動の中でバランスをとることにより、筋トレ、ストレッチ、リラックスなどができる。加速度トレーニングです。

年齢が上がるほど、すぐに、足腰が衰えてしまいます。
アスリートなどは、激しいトレーニングに使いますが、シニア世代なら、つかまり立ちからはじまり、片足立ち、スクワットなどいくらでも強さを変えられます。今こそ「コロナ鬱」に打ち勝つために、パワープレートで筋肉をつけましょう。有酸素運動として、パーソナルパワープレートの上で、30秒脚踏みも良いです。

市場町のウエスト店では、今の時期1週間に1~2回、パワープレートをされる方が段々増えてきました。おそらくTVで「免疫アップの家トレ」などという影響で、「近いから行くわ」という感じかなと思います。

20200326_05.jpg
「家トレ」にぴったりなのが、パーソナルパワープレートです。が、「今こそ一家に1台」と私は本当に思います。
20200326_06.jpg

20200326_07.jpg
ちなみに赤池母(87歳です)が「脚が痛くて歩けなくなるかもしれない」と悲壮感漂いお尻から脚のうしろをさするので「座骨神経痛でない?痛み止めは?」「飲んでる」と。

20200326_08.jpg
その2日後「昨日パワープレートの上で、腰当てたり、ヒザの裏あてたり、40分してもらったら今日は全然痛くない」と言ってました。

おお、すごい。
20200326_09.jpg

クルスカ中です

クルスカしています。

20200218_01.jpg
以前は下腹だけがボコっと出ていて気になっていましたが、それはクルスカで取り、全く気にならなくなってたので、ダンスのアヤ先生が「腹のクルスカしよう!」と言われた時、思わず「えーっ!このお腹で満足してたのに??」と言いました。

しかし、先生が「手術してるから、体の中にねじれがある。踊りにでてくるから、クルスカでねじれをとるのよ!」と。

本当クルスカミニでつまんで、「この脂肪とると、ここのねじれがとれるから」と、クルスカ施術中に先生がつきっきりでした。写真も撮ってくれました(^_^)b

楽しみです!

あごのたるみがスッキリ!!

先生ブログ見出し_20190108-01

20190108_case_01.jpg
クルスカのあごを左右各1回された患者さんです。

かなり、あごがスッキリと綺麗になっておられます。
もう、クルスカを導入して7年になりますが、ここ最近はかなり全国的(世界的)にこの治療法が広がってきています。


main_20180921-1.jpg

行う部位によってヘッドの形や大きさが違います。

2019-01-08 84605
(あごは、これをつけます)

ちょうど今、一月限定で1回7万円の特別限定企画をしています。

2019-01-08 85124

気軽に相談して下さいね。