FC2ブログ

思わず好きになったプレシャンプー 新製品!!

20200717_01.jpg
本当に古くからある「ケイセイ」という会社から、夏向けにデオドラントシリーズが発売になりました。ワキ用とシャンプーシリーズです。

20200717_02.jpg
こちらの3つがワキ用です。左から、スティックタイプ、クリームタイプ、パウダータイプがあります。乾燥硫酸アルミニウムカリウム、イソプロピルメチルフェノールなどの有効成分配合で、気になる汗やにおいのエチケットに、制汗、わきがなどに効果があります。朝塗って、長時間夜まで効果が持続です。

20200717_03.jpg
シャンプーシリーズは左からボディソープ、シャンプー、プレシャンプーがあります。この中のD-プレシャンプーが好きになりました。スッキリします。

お湯で素洗いをした後で、ノズルを直接頭皮にあててなぞるようになじませて地肌に行き渡らせます。指の腹でマッサージした後に、シャンプーをします。
プレシャンプーは、週に1〜2回すると良いですよ。

私はこのプレシャンプーと asc at home の泡シャンプーを使っています。

詳しくはネットショップのDシリーズ紹介ページで見てください。


20200717_06.jpg
以前にもお知らせした「カレシム」ですが、名前がどうもおもしろくて・・・。
レーザー治療のヴィーナスVIVAをはじめられた方に、施術中にセラピストが説明していたのですが、私が「え?(私くらいの年齢の患者さんでしたので・・・)彼氏?」と勘違いしたら、「先生、何言うてるン!」とレーザーを打たれながら患者さんがとんでもないと否定、3人で大笑いました。

また別の機会には、私がVIVAをうっている時患者さんに「カレシム、VIVA中いいですよ」と言うと、患者さんが「え?彼氏?私?(この方も少し年配の方でしたので)」と、ご本人の顔が真っ赤になって、また爆笑しました。

聞き間違いで、笑いをさそう名前ですね(笑)

幹細胞化粧品第二弾❤️医療機関専売「カレシム プロフェショナルセラム」

20200705_01.jpg
新製品です!!
よくクリニックで、エレクトロポレーションで施術に使われている高濃度臍帯幹細胞培養液のホームケアです。早いと数日から2週間で効果を実感だそうです。(新製品なので、ステムサイエンスほど、感想のお声はまだ聞けてないです (^^ゞ)
20200705_04.jpg

20200705_02.jpg
目元のシワや、消えにくいシミに最適。洗顔後に、1日2回使ってください。

顔を4つのパーツにわけて、各パーツにセラムを1〜2滴塗ってください。(顔全体で、4〜8滴)その後いつものスキンケアを行ってください。ビタミンAと併用するとさらに効果倍増ですね。

20200705_03.jpg
当院でも、フラクショナルレーザー後に塗布したり、サロンでエレクトロポレーションで施術に使います。思い立ったときのスペシャルケアですね。

医療用の幹細胞コスメの集中スペシャルホームケアは
ステムサイエンス MDクリームは、1ヶ月分 4本 33,000円
こちらのカレシム プロペショナルセラムは、 だいたい2〜3ヶ月分 64,900円
自分にご褒美にいかがですか?

イオン店とか、サロンで販売しています!!
通院してまではと言う方に、プロのホームケアを。

幹細胞化粧品第一弾❤️医療機関専売「ステムサイエンス MDクリーム」

20200630_01.jpg
今の一ヶ月集中自宅エステおすすめは、この4本。ロート製薬の医療機関専売 ステムサイエンスMDクリームです。1週間に1本ずつ使います。1週間で使おうと思うと、かなりたっぷり使えますよ。

コロナでも UAE(アラブ首長国連邦)が幹細胞治療を開発したそうです。患者の血液から幹細胞を抽出し、幹細胞を細かいミスト状に「活性化された」状態で肺に再導入すると成績は良かったみたいです。まだまだ研究中とは思いますが、話題の幹細胞です。そして、ロート製薬は大阪大学付属病院と幹細胞を重症患者に点滴する臨床治験をはじめ、肺の炎症を抑えることが期待されています。

さて、そのロート製薬と言っても「ステムサイエンス MDクリーム」に、幹細胞が入っているわけではないです。幹細胞を培養している時に産生される細胞から産生される上澄み液の中にある、組織の修復、再生、血管新生などの作用する有効な美容成分がたっぷり入っています。紫外線で老化した肌を瑞々しく修復してくれます。

美白・ハリ・弾力・小じわ改善に、1ヶ月集中コスメ



使い方ですが、現在のスキンケアに1ヶ月追加して下さい。

20200630_04.jpg
イオン店のお客さんの話ですが、今まで一般化粧品を使っていた方が、「ビタミンAの化粧品までは…」という感じでしたので、店長が「1ヶ月洗顔のあとは、ステムサイエンスだけを塗って下さい」とオススメしたところ、1ヶ月でかなり肌がかわり非常に喜ばれました。
そこから「スキンケアをイオン店店長に任せるわ」と言うことがありました。

次回は、幹細胞化粧品の新製品第2弾を紹介します。

まつ毛美容液 リバイタラッシュ!!

おこもり美容、エクステなんていらないわ\(^O^)/ 
リバイタラッシュ!!


20200522_01.jpg
2月頃に、レーザーに来られた患者さんの話です(こちらの患者さんはサロンでのトリートメントが中心でしたので、レーザーは久しぶりでした)。

「さあ、レーザー当てましょうか」の時に、
「なっ、ななななんで?」エクステの方より、つけまつげの方よりも、きれいな長い睫毛!!もちろん自然です。

スタッフと2人で思わず「○○さん、グラッシュビスタですか?」と仕事を忘れて訊いてしまいました。

「グラッシュビスタのあと、サロンで買ったリバイタラッシュを使っていて、交互でしています」とのこと。
注)グラッシュビスタは、お薬なのでクリニックのみです。リバイタラッシュは、サロンでもイオン店でも販売しています。

「素敵ですね~」と私がうっとりしていると、スタッフは感動のあまり「なんというか、あの、その、、、、色気がありますね!!」

(う~ん、セクハラおじさんか!)思わず「エキゾティックな感じですね」とフォローしました。

ほんと、中東の美女みたいでした。

私も早速その日からリバイタラッシュをはじめました。1日1回ですが、朝晩で塗ってみました。

コロナで憂鬱な日々、2週間くらいで、毎日毎日伸びていくのがわかって唯一の楽しみでした。

今は1日1回ですが、最近気が付いたことが!
私の睫毛は下に向いて生えていたのですが、少しずつ上にカールしたのがあるのです!!毛がしっかりして、外人みたいに上にくるんとなったりします。

下の写真は、スタッフの症例です。

20200522_02.jpg

20200522_04.jpg

スタッフが動画も作ってますので、見てみてください。


大昔、実は赤池クリニックが徳島県で一番最初にエクステをはじめました(関東のエステの先生が研修してくれました)。美容師免許が必要云々よりずっと以前です。技術習得の難しさと、「やはりどんなに気をつけてもアレルギーの人がいるなあ~」と、すぐに数ヶ月で止めました。その後、眼科で、エクステと安いカラーコンタクトによる角膜損傷が問題となりやめて良かったと思いました。

その後グラッシュビスタ(もともとは緑内障の目薬で睫毛が伸びる)がでてきて、いまではリバイタラッシュ。

睫毛の美容液って、20年くらい前からありましたが、全然効果がなかったのですが、リバイタラッシュは効くので本当にコロナの日々の私の楽しみです。
是非お試し下さい。

20200522_05.jpg
ついでに、髪の毛もミノキシジル3%より、ボリュームアップ フォーム(リバイタラッシュと同じ会社)に変えちゃいました。

リバイタラッシュの詳細とお求めはネットショップで>>

おこもり美容の決定版は、これです!!ニューアァァァァ~~~!!

もうおこもりでないかな~?と思いながらも書き出すと色々あって面白いです。

20200519_01.jpg
NEWAリフトは医療機関用のレーザー治療のメーカーが作った、家庭用美顔器です。たるみ、肌の引き締め用です。


NEWAは、イスラエルで開発されました。「イスラエルで?」と思われるかもしれませんが、あのフォトフェイシャルも実はイスラエルで開発されたのです。
戦闘機の色を塗り直すのに費用がかかるというので、光で戦闘機の塗装を剥がすという発想から出来たのがフォトフェイシャルです。というわけで、軍事産業から、イスラエルは、先進美容医療機器のメッカとなのです。

NEWAもDFモバイイルと同様のこの機会に増えてきました。


20200519_02.jpg
そこで、おこもり美容、ここまでやると最高!が、ロールキット+DFモバイル+NEWAリフトです。理論的に言うと、おうちでビタミンAと抗酸化物質(ビタミンCやE)、ペプチドを小さな孔をあけて(1分~10分)さらに電気の力で肌の奥まで入れていき(10~15分)、ひきしめのRF波をあてる(1エリア4分、最大12分)。もちろん、イオンザイム(サロンやクリニックにある導入器)とDFモバイルは効果は大きく違います、クリニックのサーマクールレーザーととNEWAは違います。しかし、コツコツやっていると大きな助けとなります。

20200519_03.jpg
この方は、もちろん通院されてイオンザイムによるトリートメントはされていますが、毎日の3つのお手入れが素晴らしい方です。年々若返っておられます。

20200519_04.jpg
ところで、今の話題はPCR検査ですね。実際以前知り合いの先生からも「保健所への電話に2時間くらいかかって、色々あってやっとしてもらえた」という話を聞きました(基準が変わる前の話です。やはり、その患者さんが、37.4度だから、3日間だからダメとか言う話でした。)でも、陰性で良かったです。

確かに、医師が必要と判断しても出来ない状態が続いていましたね。こんな田舎で数が少ないのに。。。。

出来ない理由を、「検査する側の医療従事者に感染のリスクが高い、防護服やマスクがない」「試薬がたらない」「技術を持った人が少なく、訓練する時間が必要」と聞かされてきたからそうかと思ってたら、最近「各大学にあるPCRの検査の器械で大学関係者で検査できます」「一般クリニックが、普通に頼んでいる民間の検査会社を使えばもっとできる」と知り驚いていたら、技術の要らない全自動PCR検査システムが会社はフランス(PSS社)だが千葉で作っていて、世界にどんどん販売して、フランスやイタリアでどんどん使われて、駐日フランス大使より、お礼が届きましたが、「日本では承認されていないから使ってない」と聞いてひっくりこけてしまいました。

なんだかな~ 色々事情があるんですかねえ。
しかし、抗原キットとかもできてきているので、検査もなんとかすぐできるようになりますよね!