FC2ブログ

目の下・口もとに、ヒアルロン酸溶けるニードル状美容液、貼って寝るだけ

20190712_01.jpg
ナビジョンから目の下、口元用のニードリング状美容液に新しい製品がでました。

20190712_02.jpg
左は以前から出ていた、HAフィルパッチ。右が、新しく発売された、医療機関店頭のみ取り扱いのナビジョンDR アイフィラーです。

20190712_04.jpg
こちらがシートを取り出したところ。ヒアルロン酸を針状に固めたものが、約1800本シートに敷きつめられています。

20190712_03.jpg


ヒアルロン酸100%の針状のマイクロニードルです。 一般向けのものは、数年前からありましたが、今回医療機関店頭用に、さらに強力になって発売されたものです。

昔、はじめて見たときに、「これは患者さんは、すごい好きそう」と言ったのですが、スタッフがイマイチのらずあまり流行りませんでした(スタッフはビタミンA好きすぎて)。

しかし、数年たって世間ではネット上で、よく似た医療でないパッチが氾濫してきました。本家本元が改善に改善を重ねて、パワーアップしました。目もと・口元の針が気になる方、乾燥が気になる方、明日は特別な日!!と言う方におすすめです。



イオン店の上田店長が早速試しました。

20190712_05.jpg
まずセットのナビジョンDR アイセラムを目元に塗って、

20190712_06.jpg
美容液シートを目元に貼ります。シートは夜貼って、朝までそのまま眠ってください。

ちょっとはじめ痛いかなと思うけど、大丈夫です。

20190712_07.jpg
上の写真が夜(使うまえ)で、下の写真が翌朝です。使った翌朝から、目元のむくみが取れて、ハリ感アップ、化粧ノリも良いとのことです。

ロールキット、ZOスキンヘルスのビタミンAの塗り薬をされている方は出来ないです。

ビタミンAの反応出ちゃって・・・と言う方に、朗報

紫外線による光老化を修復するためには、ビタミンAが必要なのはわかっていても…
「どうして、あの人は同じシークエンス1番塗って、反応もなくどんどんんきれいになるのに、私はカサカサするの?」
…などといった経験ありませんか?

もちろん人の性格は違います。

「塗ってたら綺麗になるんでしょ! カサカサももう終わったわ」
と乗り越える方もいれば、

「やはり、苦手だわ」
と乗り越えられなかった方も?

今回、そういう初心者にぴったりの、ビタミンA配合化粧品ができました。

20190628_01.jpg
スキンベターというアメリカのスキンケア製品です。
ビタミンAの反応が出ないのが特徴で、エンビロン、ゼオスキンヘルス(オバジZO)の世界の2大・ビタミンAスキンケアブランドに追従するものです。

いろいろ製品はありますが、まずは、この2本からはじめるのがよいかと思います。

20190628_02.jpg
ビタミンAは、こちら。アルファレットです。
ビタミンAとして、特許取得のレチノールを配合で、2016年ベストコスメ賞をとったそうです。今まで、エンビロン、ZOではじめにカサカサや赤みでやめちゃったという方にはぴったりですね。ビタミンAの入門編。

20190628_03.jpg
次はイーブントーンです。一緒に使うのに選んだ美白剤です。ハイドロキノンははいっていません。


20190628_04.jpg
実は、ascにゼオスキンヘルス(ZO)開発者のDr.オバジを紹介してくれたのが、今はZO(日本正規総代理店キュテラ社)から離れたクリスです(写真左)。

またスキンベターは、かつてZOのNo.2で、徳島にDr.オバジが講演に来てくれたとき一緒だった、こちらもクリスが、中心で世界をまわっています(写真右)。

クリスがクリスを連れてきてくれたです。

20190628_06.jpg
二人がスキンベターの紹介に来てくれましたので、徳島市内のレストランに行きました。そこでは、いろんな日本人、世界の人々がお客で訪れたとき、壁にサインするのですが、2名のクリスもサインしてます。

20190628_07.jpg
一緒にサンクスパーティーでマンボをデモしたクリスは、ダンスが大好きなんで「SHALL WE DANCE? はげクリス」と書いてます🤣。
はげではないんですがね。スキンヘッドのお茶目なクリスですね。
20190628_05.jpg

はじめてのボトックス自分打ち

レーザーとかは自分で照射できないので、数年前から東京の石川先生(講演会の演者としてお呼びしたこともあります)に、年に1回くらい新しいレーザーとか照射していただき、いろいろ聞いたりしています。レーザーではありませんが「凍らせて痩せる」クルスカも先生のおかげで日本で3番目に導入しました。

20190531_05.jpg
こちらが石川先生。写真は2017年にascのアンチエイジングセミナーに来ていただいたときのものです。

石川先生はもちろん1番めですが、ある時「クルスカ、患者さんが受けてくれないんよ。自分と1人の患者さんだけしてるだけど、すごく良い機械だから!」というので、受けてみたら素晴らしかったので、すぐ導入しました。今や日本で大流行ですね。

そんな経緯で眉間のボトックス注射も、年1回くらいのペースで石川先生にしてもらってました。もちろん、赤池クリニックの患者さんには私が注射しています。

20190531_07.jpg
こちらが赤池クリニックで使っている、アラガン社のボトックスビスタです。表情ジワの働きを抑え、シワを改善する作用のある薬で、日本人への有効性と安全性を厚生労働省から承認されている国内で唯一の医療用医薬品です。

ですが「自分では自分の眉間に注射できない~。怖いし」と思っていたのですが、「すぐに東京へ行く予定もなし…」。1年以上受けてないけど、あまり気にしてなかった眉間でしたが、よく見ると「え~!何これ、シワ~!顔険しいし~」。

思い切って自分打ちすることにしました(もちろん、簡単に自分打ちされている先生もおられると思います)。

しかし、左手では刺せても押し込みができにくくて、ナースに「私が角度つけて針刺してるから、押して!」と頼みました。終わったら、2人で「はあ~」「やれやれ」でしたが、「でも、簡単だったね」と。

2~3日で良い感じです。
これからはボトックス眉間は自分打ちしよっと!

20190531_01b.jpg
こちらの写真が普段の状態。

20190531_02b.jpg
次が『眉間にシワを寄せようとしている』状態です。力を入れても、シワができません。

下の写真はイオンモール徳島店スタッフの乾チーフがボトックス注射を試した時の写真です。数日でシワができなくなります。
20190531_03.jpg

ヒアルロン酸などの異物でシワをふくらます「フィラー」は、副作用が怖くて当院ではしていません。

ボトックスは、注射でも薬がきれたら終わりで、副作用と言っても注射の後の内出血(よく、採血とかで紫になって、黄色になって消えるあれです)くらいなので、クリニックではよくします。

眉間や額とかはずっと続けていると、シワも浅くなるので特におすすめですよ。
私も年に1回、数年だけで浅くなった気がします。(普通は半年に1回)

ワキの汗が気になる方には、夏前に1回ワキに打ちます。ワンシーズもつみたいです。

自宅でホワイトニング!?

先生ブログ見出し_20190129

自宅で歯のホワイトニングが出来るキットが発売になります
日本での販売元は、ジェーン・アイルデールなどを取り扱う有限会社MRi

190131_1.png

商品画像はこんな感じ、

IMG_0149.jpg

そして装着時はこんな感じです
先日、東京で行われたプレスリリースでは代表のリッキー自ら実演してくれました!


IMG_0152.jpg

IMG_0153.jpg

ジェルを塗る→マウスピースを装着→ブラッシングの流れを1週間繰り返します!
一番のポイントは、健康な歯や歯茎にダメージを与えずにホワイトニングが出来るという点です

ペルオキシドなどの刺激の強い薬剤は使わずに99%以上で食品グレードの天然の成分を使用しているそう


7日使用するだけで、最大8段階歯を白くすることが臨床試験で証明されているので、「歯の黄ばみが気になる」、「白い歯に憧れる!」という方には良いのではないでしょうか

綺麗な白い歯は、爽やかで清潔な印象を与えるので男性にもオススメですよ!

見つけました 修道院コスメ

20170704-000.jpg

ドクターズコスメというのは、薬学と医学情報から研究され、十分な試験期間を設けて科学的にテストされ「スキンケアに有効であると証明された活性成分が配合された」スキンケア商品です。

それとは考え方が違うのですが、少し楽しいスキンケアをみつけました。

20170704-008.jpg
イタリア トスカーナ地方のカマルドリという修道院で作られた、「修道院コスメ」と呼ばれるスキンケア製品です。

「自然派、植物性、オーガニックという言葉に惹かれる方も多いんだな~。でもそれって本当に自然派なの?」と思っていたのですが、こちらはオーガニックのはじまりのようなスキンケア製品。約1000年前から修道士が薬局で作っているそうです。

20170704-003.jpg
1000年前には修道院に病院と薬局があり、治療のための薬を作ってきました。どの修道院にも時代によって修正を加えながら受け継がれてきた独自の薬草調合法(レシピ)が存在していて、修道院で育てられたハーブで、飲み薬や、塗り薬が作られてきました。

20170704-004.jpg
植物の効能を生かして治療を施してきたのです。

もともと修道院の生活は自給自足で、今も修道僧たちによって農業が営まれており、穫りたての青果物、ハーブや果実類があって、現在人気があるのがそれらを原料につくられるコスメ製品だそうです。

なかには、もう企業となっているような修道院コスメがあるなか、このカマルドリ修道院のものは真に素朴な修道院のコスメで、現在も修道士がそのレシピに基づき、心をこめて配合しているそうです。

20170704-001.jpg
なんと、日本での販売は先月6月からでした。本当に出逢いが偶然で、、、販売のお店としてはascイオン店が日本で初めてのお店だそうです。

私は、石けんやオイルが気に入っていますが、さらにプレゼントにすると素敵で、大変喜ばれましたよ(^_^)b
20170704-006.jpg