FC2ブログ

ゼオスキン・セラピューティックの底力!!

20210415_00.jpg
このコロナの自粛時期、YouTubeなどをきっかけに大人気のゼオスキンのセラピューティック(Dr.オバジが開発した、ビタミンAの塗り薬治療)ですが、ascでは長年お馴染みの治療です。
Dr.オバジ開発の製品は、以前はオバジニューダームという名前のものでしたが、赤池クリニックではこの時期から大人気でした。

その証拠というような方が、今回紹介する症例の方です。

20210415_04.jpg
私は診察で、赤み皮むけなどのビタミンA反応もあるし「お肌の大掃除ですから、1~3年に1回したらいいんじゃないの」と説明していましたが、この方はゼオスキン・セラピューティックが大好きで、毎年されました。

最近10年目、9回目を終了された時の写真ができました。

レーザーは、4回目の前に1回、症例写真の承諾プレゼントで1回だけフラクショナルレーザー(マドンナリフト)を行っただけです。年に1回のセラピューティック以外の時は、エンビロンのビタミンAのホームケアやロールキットをしてくださっています。

10年で、肌は見違えるように綺麗になっておられます。目の下、法令線の改善、シミくすもありません。

20210415_03.jpg
頬の写真ですが、ニキビ痕の凹凸があった肌も著しく改善されています。

今まで、「ニキビ痕の赤みと色素沈着は、ニキビの治療と同じビタミンAでできます。しかし、ニキビ痕の凹凸は、フラクショナルレーザーか、ニードリング(メディカルロールキットなど)が必要です。」と説明していましたが、少し前のブログでも登場した1ヶ月に13回トリートメント(事情があり1ヶ月しか、サロンにいけなくて、1週間に1回乳酸ピーリングと、1週間に2回ビタミンA/Cのイオン導入や超音波導入)でニキビあとが改善された方も出てきて、ビタミンのA治療だけでもは凹凸は治るんだと感激です。

本当に、ascを引っ張っていってくれているのは、真面目にコツコツしてくださる患者さんですね。

この頃は、一般的にエンビロン派、ゼオスキン派、ロールキット派、DF派、m22好き、マイルドサーマ好き、ニードリング派と、それぞれみなさんが好きな治療法を見つけておられる気がします。

ビタミンAのホームケアに、スペシャルケアとして、レーザーや塗り薬、ニードリングを時々入れていくという方が、費用対効果が高い、かけた予算に対して、効果が大きいと思いますね。

乾燥には、ZOのRCクリーム

私は、普段は乾燥なんてしないです。洗顔後も何もつけなくてもつっぱらなので、何かつけるのを忘れるくらいです。

しかし、今は自分が計画マニュアルを作成した、ストロングZOを自分でやってみているので乾燥します。

まずは、ZO(ゼオスキンヘルス)のシリーズに、高濃度のビタミンAのZOとしてスキンブライセラム0.25、ついで現在はWテクスチャーリペアを塗っています。

20201213_01.jpg
こちらがスキンブライセラム0.25です。「レチノール(ビタミンA)」と「ビタミンC(アスコルビルグルコシド)」配合でシミ・くすみのケアとして使います。

20201213_02.jpg
Wテクスチャーリペアです。こちらも「レチノール」配合で、肌のハリ・毛穴のケアに使います。

ストロングZOを始める直前は忙しくてフェイシャルトリートメントも3ヶ月くらいできていませんでした。「たるみは気になってもシミはない」私だったのに、うっすらシミのようなものが、、、、「ぎゃー!!何ですかこれは?」

しかし、スキンブライセラムで、そのシミは綺麗に取れました。Wテクスチャーリペアでなんとなく、ハリが出てきたような気もするし。

「wテクスチャーリペアの方が、スキンブライセラムよりは、むしろ赤みが少なくていいなあ~」と、調子良く2プッッシュまで増やせたところで、急に乾燥皮むけが始まりました。

量を減らして、半プッシュまたゆっくりと1プッシュまで増やしていきましたが、「乾燥で、顔がつっぱる!」こんなの初めてという感じです。



原因をよく考えたら、まず寒くなり暖房、さらになんとなくお風呂に入りつい高めの温度で洗顔をしていました。

患者さんに、注意事項としてお知らせしていること、そのものでした。「いけないいけない!!」

暖房は仕方ないので、洗顔時の水温は注意して、RCクリームを塗ることにしました。
20201213_03.jpg
こちらがRCクリーム。保湿成分とDNA修復成分の入った美容クリームです。こちらを朝は少量、夜は1プッシュ。これでバッチリでした!
RCクリームに含まれるビタミンAの濃度は低く、初心者によく使いますが、保湿は抜群。

Wテクスチャー1プッシュ上手く塗れるようになりました。

ストロングZOを使いこなすコツの一つですね。

たるみビタミン Aコツコツ〜ゴーツーZO祭!!

50女性の症例です。「ケロイド体質のため、レーザーしたくてもできない」と言うことで、ビタミンA治療のみとしました。オバジZO(ゼオスキンヘルス)とビタミンAのW導入のトリートメントです。

20200827_00.jpg

20200827_01.jpg

先ずはZOの塗りくすり治療(4〜5か月)、いわゆる最近ネットでも名前が有名になって来ましたZOセラピューティック。
次は、今回のゴーツーZO祭り!!のZOの高濃度ビタミンA治療(ストロングZO)。
(ストロングZOはお薬では無いけれど、強いビタミンAの化粧品治療です。薬ほど赤みや皮むけの心配がいりません。)
なんと、2年後の写真で見ると、シミはもちろんたるみも改善しておられます。

みなさん、是非この時期に、ゴーツーZO祭!!

20200827_02.jpg

ZOフェスです。スタッフにお気軽にお聞きください。

シミは簡単(2)

前回の続きです。

こちらは60代の女性の患者さんです。
20200823_01.jpg

Qスイッチルビーレーザー(シミ取りレーザー)はしていませんが、あとは前回の方と同じ治療内容(フェイシャルエステとZOスキンヘルス(オバジZO))の患者さんです。シミはもともとあまりないのですが、顔全体の若返り、とくに肌質と目の下、目尻のシワ、法令線が改善されています。

今回の方は4ヶ月、前回の方は11ヶ月と、集中治療の期間に差がありますが、これはビタミンAの塗り薬の強さが違ってて、マイルドな治療だと少し期間が長いのです。

シミは簡単

最近の私の口癖は、


「シミは簡単、たるみは難しい」


「シミは“何かを我慢すれば近道もある”が、たるみは“治療をコツコツしたらしただけ”の効果」


という感じです。


20200821_01.jpg

この方は70代女性で、シミの治療ですが、Qスイッチルビーレーザーで丸いシミを取り、全体のくすみにメドライトC6、そして仕上げがホームケア、トリートメント、軽いゼオスキンヘルス(オバジZO)のビタミンAの塗り薬治療です。あまり赤み、皮むけなどの心配が入りません。


11ヶ月でシミは、きれいに取れて、ビタミンAのトリートメントなどは、小じわ、ハリ、たるみにも効いています。


次回もシミ治療の症例です。