FC2ブログ

スキンケアの歴史(スキンケアに流行はない)

先日診察で、「1950年代に老人の脚にビタミンAを塗ったら若返って~」というと「古いんですね」と言われ、スキンケアの流行の流れを話したので、書いてみようかなと思いました。

20210223_01.jpg
■1950年、高齢者の脚にビタミンAを塗り若返ったという論文が発表された。

■1980年代半ば、ビタミンAを塗ると若返ると大流行したが、ビタミンAでもレチノイン酸を使ったので、ビタミンA反応(乾燥、赤みなど)で廃れていった。

■1980年代終わりは AHA(フルーツ酸、アルファハイドロキシ酸)が脚光をあびるが、長期使用で皮膚の乾燥、過敏が問題となる。

■1990年代になるとビタミンCが脚光をあびる。しかし刺激的な反応もないが、効果がみえないと廃れていく。

■1990年代終わりになると「活性酸素」が知られ、活性酸素の害を減らす「抗酸化物質」が注目される。ビタミンC、E、フラーレンも抗酸化物質です。

最近はペプチド(成長因子もペプチドの一つ、幹細胞コスメとか、塗るボトックスとかも)が化粧品の成分として注目されています。

asc(赤池スキンケアセンター)の患者さんは、ここでお気づきになるかもしれません。「私、毎日全部塗っているわ」と。

つまり、私がドクターズコスメと言って良いのは、Dr.フェルナンデスのエンビロンと、Dr.オバジのZOだけ、さらに予算が、、、という方にはascが作ったasc at home。みなさん、これらをお使いになっていると思います。

大手一般化粧品メーカーは、そのたびに飛びつき、捨てて、次に走る。一つの流行の成分に熱狂するのですが、「スキンケアに流行はない」なんです。

20210223_02.jpg
Dr.フェルナンデスは、「スキンケアに流行はない」それぞれに役割があり、特にビタミンAと抗酸化物質は助け合って光老化の害を防いでいると、医学的情報を取り入れたスキンケア製品をまず作り上げました。

1987年にDr.フェルナンデスは、ビタミンAもレチノイン酸よりマイルドなパルチミン酸レチノール、そして抗酸化物質(ビタミンC.E,ベーターカロテン)の配合されたスキンケアクリームを作り、その後ビタミンAも酢酸レチノール、レチノールそして、フルーツ酸、多くのペプチドをスキンケアに取り入れてエンビロンスキンケアシステムがどんどん進歩していきました。

20210223_04.jpg
ascでは19年前内科の駐車場にasc westをはじめて作ったときからビタミンA治療に取り組んでいます。19年前当時、患者さんに「ハリウッドの女優と市場町のみなさんが同じ化粧品使ってるんですよ~」とよく言ってました。反応は、「ふ~ん、そうなんで?」でした。

今は「(日本の)女優の~さんと同じ、化粧品塗ってますよ~(日本であんなに無名だったのに、知名度が上がって夢みたいです。)」すると「え~!!、ホント?すごいわ!私、良かった、先生ありがとう~」

20210223_03.jpg
Dr.フェルナンデスに感動してascを作りましたので、初めはエンビロン化粧品とトリートメントのみでした。その後フォトフェイシャルからはじまって、いろんなレーザー、ビタミンAでもDr.オバジの塗り薬治療など、私も好きな治療を取り入れていきました。

しかし、やはり原点はエンビロンで、今でも「いくらレーザー治療をしていても、ビタミンAを塗っているかいないかで効果が全然違う」と思います。

おっと、さらに洗顔も大事ですね。

ゴージャスなゴールドのロールキット

20210219_01.jpg
2月22日から、ゴールドのロールキットが数量限定発売されます。
今回は、お店での販売がなくて、Live active store(エンビロンのネットショップ)からのみです。アヴァンスセラム(自宅でのロールキットのハリ用セラム)とセットで4万円。

日本ではまだ未発売で、今年発売予定の先行発売のようです。

20210219_02.jpg
実は、私も数年前からロールキットはゴールドを使っていますが、針はちょっと長いみたいで、すごく効果が高い気がします。

2013年春のascスペシャルサンクスパーティの時にDr.フェルナンデスからいただいたのがはじめてでした。

20210219_03.jpg
ちょうどサンクスパーティの写真が残っていました!
Drフェルナンデスが会場の皆さんの前で、「これは私のロールキット」と旅行中も使われているものをポケットからいきなり取り出して説明してくれたときのです。(ゴムの四角い入れ物に入って突き刺すと動かないので、持ち運びに便利)顔にクルクルさてれて、特に「ここが大切」と耳の後ろを何回もされていたのを思い出します。

優雅に、夜のお手入れをしたい方にぴったりです。
いくつあるのかわかりませんが、興味がある方はどうぞLive active storeから(22日からの発売予定です)。

「めんどくさい、でも素敵に見られたい~! 」まつ毛用美容液

「めんどくさい、でも素敵に見られたい~! 」

そういう方にも「出来ます!」「おまかせあれ!!」です。

20210216_02.jpg
ascで取り扱っているまつ毛用美容液のグラッシュビスタとリバイタラッシュの症例です。

20210216_01.jpg
40代女性、まつ毛育毛です。この方は、グラッシュビスタか、リバイタラッシュを夜スッと塗るだけで素晴らしい睫毛を手に入れられました(3年10ヶ月トータルでグラッシュビスタ3箱、リバイタラッシュ7本) 。

以前は、睫毛が細くてボリュームがないことが悩みだったそうです。
それが目尻の睫毛までボリュームアップして、周りから「エクステしているみたいに長いのに、とても自然で綺麗」と声を掛けてもらうことが多いそうです。

そして、「自分の目元に自信が持てるようになりました。そして、なりより良かったと思うことには、目元の印象が変わることで、自分の心持ちまで優しく暖かくなれたことです。これからもお肌のお手入れと同じように、目元のケアも、大切に積み重ねていきたいと思います。」と話してくれました。

とても嬉しい言葉を頂きスタッフも大変感謝していました。

「お客様にふさわしいスキンケアを見つけるための良きアシスタントとなることを目指す!!」ビューティセラピストにとって、涙ウルウルみたいでした20210216_03.jpg


リバイタラッシュはネットショップでも購入できます。こちらから>>

幹細胞コスメ新登場 ナイトパック

20210209_01.jpg
コロナのため、あまり出歩かないので、症例と商品の話ばかりで申し訳ありませんが、なんとなく商品が新発売が多いですね。自粛期間に、美容医療が一般的になり、活気づいている気がします。

20210209_02.jpg
さて、カレシムからの新製品で幹細胞由来化粧品ナイトコンプレックスが登場しました。人気でずっとメーカー欠品していたようです。寝ている間にしっかり働き肌が改善する夜用のナイトパックで医療機関専売品です。
スタッフがきれいに飾ってくれています。

20210209_03.jpg
カレシムのプロフェッショナルセラム(臍帯幹細胞由来セラム)は培養液80%です。洗顔後一番にお使いください。

それにつぐ50%の濃度で、60gが19,800円(一本で約2か月もつので、一か月約9,000円で幹細胞ケアを始めることができます)
夜のみ、週3回(週3回の使用で十分効果がわかります。)
スキンケアの一番最後に2~3Pです。一番上からパックするイメージです。
ジェル状で寝ている間に肌がもちっと柔らかくきめ細やかな肌に仕上がります。

日々のスキンケアに幹細胞コスメを足すだけなので、初心者の方にも使いやすいです。
2ヶ月のおうちで出来る簡単な集中治療です20210209_05.jpg

ネットショップでも紹介しています>>

クリニックでHARGとヘアフィラー、メンズサロンで育毛ケア

今回は育毛治療の症例です。

20210206_01.jpg
この方は40代男性ですが、男性型脱毛症でなく円形脱毛症の多発型で、3週間で急速に抜け毛がすすんでいったそうです。一応保険診療をおすすめしてはじめてもらいました。

1ヶ月たってやっぱりHARG治療をやってみたいということで、HARG3回と、ヘアフィラー2回、メンズサロンで育毛ケアを行いました。

20210206_02.jpg
HARGというのは、脂肪幹細胞上清液による1ヶ月に1回、6回の薄毛注射法です。150種類以上の成長因子を注射します。

20210206_03.jpg
ヘアフィラーは、2週間から1ヶ月に1回、6回(3回のコースもあり)ペプチドを器械で注入していきます。

円形脱毛症の方にも、HARG治療はよく効くのは経験していましたが、かなり早く改善しています。円形脱毛症の回復時に白髪になるのは良くあることですが、白髪もきれいに治っています。