FC2ブログ

サンクスパーティーありがとうございました

春恒例のサンクスパーティーです。
クレメントシェフ達による和、洋、中のお料理と、ゼオスキンヘルス(オバジZO)の藤井さんの話がメインで、ダンスとかのエンターテイメントはありませんでしたが、気取りもなく家庭的な感じのパーティーでした。

20190621-12.jpg
まずは乾杯のあいさつです。

20190621-08.jpg
司会はイオン店の上田店長、乾チーフのコンビ。

20190621-16.jpg
ゲストのゼオスキンヘルス(オバジZO)のキュテラ株式会社 藤井さん。今年4月に、ゼオスキンヘルス開発者のDr.オバジが5年ぶりに来日し講演などがありましたが、その時、医師向けに行われたセミナーの話をしてくれました。

20190621-02.jpg
会場は眺めの良い、クレメントホテル最上階です。

20190621-03.jpg
やや緊張気味のイケメンシェフによる、料理の説明。料理は「美と健康」をテーマに、サンクスパーティ用特別メニューを作ってくれました。

20190621-13.jpg
まずは『和』です。

20190621-14.jpg
続いて『中』。

20190621-01.jpg
メインは『洋』です。

20190621-04.jpg
デザートのチェリージュビレは実演。

20190621-15.jpg
こちらがデザート。

20190621-05.jpg
クイズで盛り上がり

20190621-06.jpg
どのチームも力が入っています。
20190621-07.jpg

20190621-09.jpg
最後は同点の3チームによるじゃんけんです。クイズの優勝チームには、藤井さんからプレゼント。

20190621-10.jpg
「勝ちました!」

20190621-11.jpg
プレゼントです。

20190621-17.jpg
国金事務長も、ちょっとデレデレうれしそう♪


わたしの家族と、オバジ藤井さんが同じテーブルで、親戚の小母もシャンパンとワインで、ほろ酔い。

小母が、「わたしが5年前にね。壇上に上がらせていただいて、お話ししたときね(Dr.オバジの講演会で、患者さんたちが数名壇上に上がって、体験談を語ってもらいました)。南アフリカからドクターがね、来られたでしょ」
「そっ!それは・・・」、藤井さんと私が動揺して「え~と、それはエンビロンの南アフリカのドクターフェルナンデスでは?」
Dr.オバジはアメリカの…。エンビロンは、まあライバル・・・。

しかし、その時に叔母が80歳で、「5年後に生きていたらもう1回オバジの薬治療をするわ。」と言ったら、Dr.オバジが非常に喜んでハグしてくれたそうで、「今85歳になったから、しなくちゃいけないわね」で話がまとまりました。良かったです。

肉割れ、妊娠線消せないと思ってませんか?

以前、妊娠線を1ヶ月以内に超音波(ソノ)トリートメントで消した方の症例はありましたが、今回の方は10年くらい前にできた肉割れの症例です。

20190610_01.jpg
20代女性の方ですが、中学生の頃に出来たヒップの肉割れが気になるということでサロンの方に来られました。

もともとアトピー肌だったので、サロンのスタッフとロールキットトリートメント(トリートメントの時に、自宅からロールキットを持ってきていただいて、ロールキットをしてからトリートメントをすると効果が上がってさらに肌の奥深くビタミンAとCが入っていきます)で様子を見ながら、クリニックでフラクショナルレーザーレーザーをするかどうか相談していたそうです。

もちろんご自分で夜ロールキットをして、ビタミンAやC、Eの配合された化粧品を塗っておられました。すると、レーザーしなくても、このように4ヶ月、6ヶ月とどんどん綺麗になっています。


20190610_02.jpg
こちらがエンビロン ロールキットです。ご自宅でのケアではビタミンA、C、Eを配合したモイスチャーACEオイルと合わせて使っていただきました。

20190610_03.jpg
ロールキットを併用することで、化粧品だけを塗った場合よりも、より深く美容成分が浸透します。

時間がたってしまった妊娠線肉割れは、レーザーとかしないと無理かなと思っていましたが、ビタミンA治療(ロールキット、トリートメント)で消せると思いました。

コツコツ続けてくださった患者さんのおかげで得られた結果です(*^-^*)

はじめてのボトックス自分打ち

レーザーとかは自分で照射できないので、数年前から東京の石川先生(講演会の演者としてお呼びしたこともあります)に、年に1回くらい新しいレーザーとか照射していただき、いろいろ聞いたりしています。レーザーではありませんが「凍らせて痩せる」クルスカも先生のおかげで日本で3番目に導入しました。

20190531_05.jpg
こちらが石川先生。写真は2017年にascのアンチエイジングセミナーに来ていただいたときのものです。

石川先生はもちろん1番めですが、ある時「クルスカ、患者さんが受けてくれないんよ。自分と1人の患者さんだけしてるだけど、すごく良い機械だから!」というので、受けてみたら素晴らしかったので、すぐ導入しました。今や日本で大流行ですね。

そんな経緯で眉間のボトックス注射も、年1回くらいのペースで石川先生にしてもらってました。もちろん、赤池クリニックの患者さんには私が注射しています。

20190531_07.jpg
こちらが赤池クリニックで使っている、アラガン社のボトックスビスタです。表情ジワの働きを抑え、シワを改善する作用のある薬で、日本人への有効性と安全性を厚生労働省から承認されている国内で唯一の医療用医薬品です。

ですが「自分では自分の眉間に注射できない~。怖いし」と思っていたのですが、「すぐに東京へ行く予定もなし…」。1年以上受けてないけど、あまり気にしてなかった眉間でしたが、よく見ると「え~!何これ、シワ~!顔険しいし~」。

思い切って自分打ちすることにしました(もちろん、簡単に自分打ちされている先生もおられると思います)。

しかし、左手では刺せても押し込みができにくくて、ナースに「私が角度つけて針刺してるから、押して!」と頼みました。終わったら、2人で「はあ~」「やれやれ」でしたが、「でも、簡単だったね」と。

2~3日で良い感じです。
これからはボトックス眉間は自分打ちしよっと!

20190531_01b.jpg
こちらの写真が普段の状態。

20190531_02b.jpg
次が『眉間にシワを寄せようとしている』状態です。力を入れても、シワができません。

下の写真はイオンモール徳島店スタッフの乾チーフがボトックス注射を試した時の写真です。数日でシワができなくなります。
20190531_03.jpg

ヒアルロン酸などの異物でシワをふくらます「フィラー」は、副作用が怖くて当院ではしていません。

ボトックスは、注射でも薬がきれたら終わりで、副作用と言っても注射の後の内出血(よく、採血とかで紫になって、黄色になって消えるあれです)くらいなので、クリニックではよくします。

眉間や額とかはずっと続けていると、シワも浅くなるので特におすすめですよ。
私も年に1回、数年だけで浅くなった気がします。(普通は半年に1回)

ワキの汗が気になる方には、夏前に1回ワキに打ちます。ワンシーズもつみたいです。

Dr.オバジ研修4


前回「一般化粧品を塗る場合は、1個だけでいいですよ」と書きましたが、それは化粧品をたくさん塗るとその分顔をこするので、くすみ(肝斑)ができてしまう人が多いからです。

下の写真は赤池クリニックの患者さんで、50代の女性の方です。オバジの薬治療(この頃はオバジ・ニューダーム)を希望されましたが、「肌があれているので、整えてからオバジをしましょう」となりました。

20190523_01.jpg

化粧水、乳液、美容液、クリームとたくさんの一般化粧品でケアされていましたので、洗顔とメイクを変更し、化粧品は患者さんがお持ちのクリーム1個だけにしました。3週間で赤みとともにくすみも良くなりました。この後、オバジの薬治療を始められました。




20190523_02.jpg
こちらは30代女性の患者さんです。この方もニキビに対するオバジの薬治療希望でしたが、ご本人の都合でスタートが一カ月後になりました。オバジを始めるまでの間、化粧品を1個だけにしてもらい、洗顔方法とファンデーションを変えていただきましたが、1カ月でニキビが改善しました。こちらの患者さんも、この後オバジの薬治療を始められました。

Dr.オバジ研修3


研修で、「なるほど」と思ったのが、欧米のネット販売による弊害です。

Dr.オバジが、有名だったオバジ・ニューダーム(まだ別会社で存在しています)を『ネット販売による、医師の指導なしの不適切な使用方法によるトラブル』、『世界中にひろがったニューダームの偽物』により憤慨し、ニューダームを捨て、ZOスキンヘルスの会社を立ち上げたのは有名な話です。

20190514_01.png

今回は、ネット販売で手軽に「ハイドロキノン」が手に入ることの弊害です。

いろんな会社によるハイドロキノン配合化粧品の氾濫。Dr.オバジとは全く関係ハイドロキノン配合化粧品ですが、黒人の人が12年間ネット販売で購入し、塗り続けて顔がブルーになった写真には驚きました。

そこで、ハイドロキノン配合のZO製品ミラミン、ミラミックスの使用法の変更と、詳しい使用法の説明にDr.オバジは力を入れていた気がします。

20190514_02.jpg
■ミラミン
ハイドロキノンがくすみを抑える力をサポートし、肌の色調を美しく整えます。
容量:80g 12,960円

20190514_03.jpg
■ミラミックス
ハイドロキノン配合で、医師処方薬のクリームと併用することにより、効果的に浸透し、明るくムラのない整った肌へと導きます。
容量:80g  12,528円

私はいつも診察で言っていますが、スキンケアで本当に効果があるものは、販売後の使い方の指導・経過観察がやはり必要です。

だから、一般化粧品では、その場の保湿くらいしか効果はない(Dr.オバジも同じ事話されていてうれしかったです)から、もし塗りたかったら3千円か5千円のを1個だけ塗るのが良いですよ。

20190514_06.png
さて、効果がある成分ですが、ビタミンAが一番効果が強く、しかも一番手間がかかるものです。 ピーリングも必要な人に必要な時だけ使うのが大切と言っていました。

そして、今までは「ハイドロキノンに関しては、単独ではほどんと効果はないが、ビタミンAと併用することはある。最初かぶれなくてもたくさんの量を塗っているとかぶれたりします。6ヵ月ほど使ったらやめましょう」と説明する程度でしたが、使う期間を細かく指導していくことに決めました。

ハイドロキノン配合の製品のネット販売については、欧米が先行していて、日本は遅れてまさに現在非常に多いようで、そのトラブルも急増しているようです。医療機関に通わず、ネットで手軽に購入使用されている方がおられたら、怖いです。