FC2ブログ

メンズの育毛ケア

20200707_02.jpg
前回の幹細胞コスメ「CALECIM(カレシム)」のブログを書いてすぐ、ヴィーナスVIVAを5回コース受けられる患者さんが、診察でVIVA直後も塗るが、VIVAはじめるにあたって、毎日のスキンケアにスペシャルケアで取り入れる、と購入されたのには「早い!」と思いました(^o^)

自宅でのスキンケアには、エンビロンのシークエンス、ロールキットをお使いなので、さらなる効果が楽しみです。

何となく、みなさんホームケアは、エンビロンかゼオスキンヘルス(オバジZO)のどちからの方がほとんどですが、何年もたつとだいたいずっと一緒なので、新しいスペシャルケアとかの変化が欲しいのかなと思いました。

20200707_01.jpg
さて今回は男性のメンズサロンでの育毛ケアの症例です。
40代の男性で、「HARG治療や、ヘアフィラーをクリニックでするまでは…」と、フィナステリドと外用薬(ミノキシジル15%)は使われているが、あとはメンズサロンのみという方です。

男性は、はじめ前頭部のM字の所を頭頂部が一番気になりますが、まさにその部分が半年であきらかに増えています。育毛ケアをコツコツまじめに通って下さったみたいです。

サロンの方も、最近では、髪にもビタミンAケアや、幹細胞培養上澄み液治療や、低出力レーザーや、成長ホルモンが増えるパワープレートなど、昔よりケア方法が増えて選び組み合わせることが出来ます。

20200707_03.jpg
低出力レーザーのキャピラスです。レーザーで毛根を刺激し、活性化させます。米国や欧州で広がりをみせています。

20200707_04.jpg
こちらは自宅でのケア用サイトプロです。23種類の植物エキスとヒト骨髄幹細胞由来のサイトカイン・成長因子配合の育毛剤を専用ローラーで頭皮に浸透させます。

メンズ店での育毛ケアは古川マネージャーや、片山店長が上手いですので、気になる方はぜひ相談してみてください。

メンズ店ホームページ>>

先日もHARG治療で3回目の方が、早く増えていたので「なんか、早いですね」というと、介助のナースが「メンズサロンに1週間に1回育毛ケアにいかれています」と教えてくれましたが、心の中で「そんなに効果が高いのか!最近効果が上がったなあ」と逆に感動しました(^_^)b

幹細胞化粧品第二弾❤️医療機関専売「カレシム プロフェショナルセラム」

20200705_01.jpg
新製品です!!
よくクリニックで、エレクトロポレーションで施術に使われている高濃度臍帯幹細胞培養液のホームケアです。早いと数日から2週間で効果を実感だそうです。(新製品なので、ステムサイエンスほど、感想のお声はまだ聞けてないです (^^ゞ)
20200705_04.jpg

20200705_02.jpg
目元のシワや、消えにくいシミに最適。洗顔後に、1日2回使ってください。

顔を4つのパーツにわけて、各パーツにセラムを1〜2滴塗ってください。(顔全体で、4〜8滴)その後いつものスキンケアを行ってください。ビタミンAと併用するとさらに効果倍増ですね。

20200705_03.jpg
当院でも、フラクショナルレーザー後に塗布したり、サロンでエレクトロポレーションで施術に使います。思い立ったときのスペシャルケアですね。

医療用の幹細胞コスメの集中スペシャルホームケアは
ステムサイエンス MDクリームは、1ヶ月分 4本 33,000円
こちらのカレシム プロペショナルセラムは、 だいたい2〜3ヶ月分 64,900円
自分にご褒美にいかがですか?

イオン店とか、サロンで販売しています!!
通院してまではと言う方に、プロのホームケアを。

幹細胞化粧品第一弾❤️医療機関専売「ステムサイエンス MDクリーム」

20200630_01.jpg
今の一ヶ月集中自宅エステおすすめは、この4本。ロート製薬の医療機関専売 ステムサイエンスMDクリームです。1週間に1本ずつ使います。1週間で使おうと思うと、かなりたっぷり使えますよ。

コロナでも UAE(アラブ首長国連邦)が幹細胞治療を開発したそうです。患者の血液から幹細胞を抽出し、幹細胞を細かいミスト状に「活性化された」状態で肺に再導入すると成績は良かったみたいです。まだまだ研究中とは思いますが、話題の幹細胞です。そして、ロート製薬は大阪大学付属病院と幹細胞を重症患者に点滴する臨床治験をはじめ、肺の炎症を抑えることが期待されています。

さて、そのロート製薬と言っても「ステムサイエンス MDクリーム」に、幹細胞が入っているわけではないです。幹細胞を培養している時に産生される細胞から産生される上澄み液の中にある、組織の修復、再生、血管新生などの作用する有効な美容成分がたっぷり入っています。紫外線で老化した肌を瑞々しく修復してくれます。

美白・ハリ・弾力・小じわ改善に、1ヶ月集中コスメ



使い方ですが、現在のスキンケアに1ヶ月追加して下さい。

20200630_04.jpg
イオン店のお客さんの話ですが、今まで一般化粧品を使っていた方が、「ビタミンAの化粧品までは…」という感じでしたので、店長が「1ヶ月洗顔のあとは、ステムサイエンスだけを塗って下さい」とオススメしたところ、1ヶ月でかなり肌がかわり非常に喜ばれました。
そこから「スキンケアをイオン店店長に任せるわ」と言うことがありました。

次回は、幹細胞化粧品の新製品第2弾を紹介します。

なぜか、今頃ネットで話題のビタミンAです!

20200625_02.jpg
内科医の私が、内科の片手間にスキンケアを始めたのが18年前ですが、それは、エンビロンのビタミンAスキンケアが原因でした。こんなにも医療がすすんでいるのかと驚いたのが「紫外線による光老化に対する、ビタミンAと抗酸化スキンケア」でした。

Dr.フェルナンデスが開発したエンビロンは30年以上前に生まれた、ビタミンAが主役のドクターズコスメです。

Dr.オバジのZOスキンケアヘルスは、やはり古くからビタミンAの薬治療から始まり、数年前にドクターズコスメとして生まれ変わりました。

私がドクターズコスメとしてビタミンAに感動したのは、エンビロンから。そして薬治療として、Dr.オバジのニューダームシステムを使い始め、Dr.オバジ自身がニューダームを捨てて、ゼオスキンヘルス(オバジZO)設立されたので、現在はゼオスキンヘルスを使っています。ドクターズコスメとして、ビタミンAが主役の世界に誇るドクターズコスメ2つです。

■ビタミンAって、何?


レチノール、トレチノインとか?何だろうと思われるでしょうが、ビタミンAの様々な形です。

20200625_01.jpg
表で見ると、パルチミン酸レチノール(エンビロンのチューブのシリーズ)や、プロピオン酸レチノール(エンビロンのC-クエンス番号シリーズ)は安定性が高く、皮膚への刺激が少ないです。

レチノールはやや刺激性が強いですが、浸透度が高いです(Aブーストやゼオスキンケアヘルスシリーズ)。レチノイン酸(トレチノイン)は安定性が低く、刺激が強い形で医師しか使用できません(オバジZOのお薬治療など)。
それぞれの特徴で、使っていきます。

20200625_03.jpg
Dr.フェルナンデスは、「ビタミンAは表皮の形成を促して肌のハリや潤いを保ち、紫外線から肌を守り、シミやシワを防ぎます。身体中を走る血管の弾力性や臓器の健康を保つのもビタミンAの役割です。ビタミンAが欠乏すると、肌と体の両方に大きなダメージがあるだけでなく、寿命の鍵を握るテロメアが短くなり、寿命が短くなると言われています。特に30代以降は欠乏によるダメージが顕著に表れてきます」と語っています。

最近では、一般化粧品も「レチノール配合」をトライしています。三共製薬は通販で3〜4年前にビタミンA化粧品シリーズを発売し、数ヶ月で中止しました。一般化粧品もレチノール配合とは謳いながらも、なかなか効果が出るほどの濃度は入れることはできません。

なぜか?

やはり、ビタミンAは使い方が非常に難しいのです。効果を出すほどのビタミンAは、ホームケアでもフォローが必要なのです。

20200625_04.jpg
asc(赤池スキンケアグループ)のサロンやクリニックで訓練されたセラピストによるトリートメント(ビタミンAとC、時にピーリング、ペプチド導入)を行い、ホームケアをフォローしています。

残念ながらサロンに通えない方のためには、イオン店やネットショップ(電話やネットでフォロー)も充実してきました。

アカイケドクターズコスメ♥ネットショップはこちら

さらに、自宅でのケアに「ハリ」「シミ・くすみ」「潤い・保湿」の専門セラムを導入できるDFモバイルも新製品として加わり効果の出し方は様々です。
20200625_05.jpg

クリニックまで行くのはちょっと、、、フルラインはちょっとという方でも、電話や、各店で気軽にスタッフにお聞きください。

その昔、エンビロンができる前、Dr.フェルナンデスが、「ビタミンのAを肌に塗り紫外線の害を防ぐ」といろんな化粧品ブランドに声をかけても、作ってくれなかったので、自分のキッチンでクリームを作成したそうです。そして、友人の形成外科医にビタミンAのクリームを顔に塗るというと「君はクレイジーだ」と言われたそうですが、その友人は「今は、シワクチャのおじいちゃんになってしまったよ!」だそうです😁

ZOスキンヘルス「亀子」・・・・半年で化粧品だけでどれだけきれいになるかモニター終了(^_^)b

20200618_01.jpg
スタッフ亀子ちゃんのオバジZO(ゼオスキンヘルス)モニターが半年終了しました。

20200618_02.jpg
こちらが最初に使ったZO製品です。
左から順番に紹介すると、かなり脂性肌でしたので、洗顔料はジェントルクレンザー、エクスフォリエーティングポリッシュにしました。ポリッシュは、微粒子のスクラブです。

肌を整えるためにはph調整のバランサートナー(化粧水)と、基本のビタミンA(レチノール)のデイリーPD(美容液)。日焼け止めは、化粧下地も兼ねるサンスクリーンプラスプライマー。

20200618_03.jpg
ビタミンAがはじめてのスタッフでしたので、1ヶ月慣らしてから、高濃度ビタミンAのWテクスチャーリペアを追加しました。

20200618_04.jpg
徐々にその量を増やしていって、ニキビやニキビ痕の赤みも減り、さらに毛穴が気になると言うことで、皮脂分泌を抑制して毛穴の開きを押さえるPSリファイナーを追加しました。

レーザーも塗り薬もなく、ホームケアでかなり綺麗になっていますね。専門知識のあるセラピストからのアドバイスのもと使うと、ドクターズコスメは必ず効果が出ますよ。

ZO製品はネットショップでも紹介しています。

アカイケドクターズコスメ♥ネットショップへ>>


ロックダウンから、オーバーシュート、クラスター・・・よくわからないカタカナが流行の今日この頃。少し前は「ロックダウンて、ノックダウンかと思たわ」と友達と言ってました。

ゲストのどこかの教授が「東京アラームが」というたびに、司会者が小さな声で「東京アラートですね」と何回も言い直してたTVの番組の話をしていて「目覚まし時計だ~!」「いちいち言い直さなくていいのにね~」。

そしたら「ソーシャル・ディスタンス」ってよく言ってるけれども、英語圏では「ソーシャル・ディスタンシング」らしいわという話になり、誰かが「私はルー大柴と小池知事がだぶるわ~!」・・・・お若い人にはわかからないかもしれませんが、めちゃくちゃおもしろかったです(^○^)

やはり、大事な事は、子供から年配者までわかる言葉で言うのがいいですね(^^)v